FC2ブログ

【稲津の乱・悲劇の戦後処理後編】飫肥藩初代藩主編11


1602年8月18日~主君の切腹命令を不服とした稲津が清武城に立て籠もった!

後に言う「稲津の乱」である

実は稲津には結婚してほどない新妻がおり(稲津が朝鮮の役などで晩婚になった)名前を雪江という。

小さな藩のことだ、雪江のことは家中の誰もが顔を見知っている。

新婚の二人には、まだ子が授かっておらず、伊東家でも「雪江殿を巻き添えにするのは忍び無い」

と考え城を囲む前に使いを清武城に出した。

使者は「奥方の実家から参りました」「御母上が病で危篤です」とウソを言って雪江を城外へ連れ出した。

何も知らない雪江は実家へと向かう道すがらに、
「主家である伊東家の兵」が「夫の清武城を囲んだ」ことを知る。 ガ━━━(゚ロ゚;)━━ン!!

家中の空気に気づいてはいたものの、まさか突然に上意で城を囲まれるとは夢にも思っていなかった。

驚いた雪江は周囲の制止を振り切り、夫の元へと戻った。


稲津は「新妻は実家で保護されたのだ」と思い安堵していたのだ。

それが目の前に戻った雪江を見て驚いた。

稲津「愚か者!なぜ戻ったのだ!今すぐ離縁するゆえ実家へ帰るのだ!妻を道ずれにしたとワシが嗤われるわ!」

雪江「では私が夫に仕える覚悟が足りぬ不心得な妻と、家中で嗤われるのは構わないと、おおせになるのですか!?」「一度、嫁いだ以上は、冥途の果てまで御供いたします。」
「閻魔様が貴方様を主君への不忠で裁こうとするならば、私が貴方様の無実を訴える証人になりましょう!・・・どうか私をお連れ下さいませ!・゜・(PД`q。)・゜・」


言い終わると髪が振り乱れるのも構わず、泣き崩れる雪江の白いうなじを見て、

稲津は哀れを催し「あぃ解った・・・ともに死出の旅へ参ろう」と言った。

雪江が家臣の介錯で絶命したのを確認すると、稲津も自害し清武城は落城した。

稲津重政29歳・・・妻・雪江は未だ15歳の若さだった・・・

城・飫肥大手門(飫肥城大手門)

一説によると「稲津に全ての責任を押し付けて始末しろ」と、
祐慶少年にアドバイスしたのは、黒田如水だとも言われている。

そこで稲津が島津への挑発行為を止めなかったのは
「実は如水の指示だったのでは?」という疑惑が浮上するんです。

黒田如水が「九州の関ヶ原」で目指していたものの一端を、稲津重政は知っていたかもしれません。

だが如水と打ち合わせしてたであろう伊東祐兵が1600年に死に、そして稲津が1602年に死に、
さらに如水本人も1604年に病没したので、今となっては真相を知る者は誰もいません。

亡き祐兵は東軍・西軍のどちらが勝っても言い逃れ出来るように、祐慶少年に裏事情は一切教えていない。

「何があっても、そなたは若年ゆえ知らぬ存ぜぬ、で押し通すのだ」という秘策のみ授け、
祐慶少年は、その通りに実行して幕府の詮議を逃れたんです。(だってホントに知らないんだもん)

さすが「伊東家、中興の祖」です。死んでも伊東祐兵は只者ではない( ̄ω ̄A;アセアセ

稲津の死をもって「伊東家の関ヶ原」は終わりました( ̄  ̄)トオイメ。。 

稲津の才能を見出した祐兵が生きていたら、彼の晩年は違ったものになったかもしれません。




稲津の死後、生き残った家臣が清武城の側に「海が見えれば慰めになるだろう」と海側に向けて夫妻の墓を建てた。

ところが墓を建ててからというもの、船が日向灘を通過しようとすると、必ず難破するようになったそうだ。

地元の村人は「無念に死んだ稲津夫妻の恨みが祟りになった」と憐み、
墓を海とは反対側に向き直した後に、丁重に弔うと船の難破はピタリと治まったそうだ。

日向記は貴重な中世資料であるが、伊東家側の視点から描かれた記録でもあるので、
「稲津の粗暴」という罪自体が、実は仕組まれたものだったかもしれず、
それを地元の民は知っていたかもしれない・・・ショボーン..._φ(・ω・` )

墓は村人たちが守り続け、伊東家もそれを咎めることなく、今も日向灘に背を向けて現存している。


※夫妻の会話は実際の会話ではなく、管理人が妄想アレンジしましたので、御了承下さい(^ -)---☆Wink
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
839位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
130位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR