FC2ブログ

秋月種実5【姓氏対立「事件?!」】

さて、次ぎはキングオブ九州・大友、基礎用語の時間です^-^

加判衆~大友家・家臣団のトップで、5~6人で構成され、現代風に云うと大臣に相当する。

同紋衆~大友家と同じ家紋の使用を許されているエリート集団。主に親族や譜代の家臣たち。

他姓衆~同紋衆以外の家臣・配下の国人

エリート意識の強い同紋衆に反発し、他姓衆は常に待遇などで不満を持っていた。
これは昨日、今日からの話ではなく、大友家の歴代に渡る対立でした。

その憤懣のマグマが噴出したのが「姓氏対立事件」です。

それは主家である大友家と、他姓衆である家臣団の関係が、征服者と被征服者の関係だった事から起因している。

とはいえ、どこの大名家でも多かれ少なかれ、そういった要素があるものだ。
だが大友家では領内統治の一環として、例えば紋の使用許可などのように、身分格差を徹底した為に他家より不満が燻ったんです。

1550年の肥後での謀叛鎮圧に功績があった他姓衆に対し、大友家では満足な恩賞を与えなかった。
これは大友家の懐事情のためでした。

肥後という土地は他国より土着の国人領主が多く、その実力も拮抗していた。
彼ら国人領主は謀叛鎮圧後に大友家へ帰属したのだが、大友に対し従前通りの領地所有を要求した。
認めなければ再び派手な謀叛が起きる。
肥後の謀反は隣国・筑後にも飛び火する確率が高く、大友義鎮はOKするしか無かった。

謀叛の鎮圧では、新たな領地が急増する訳ではないので、功績があった者へ配分するだけの土地が無い。
だが日頃、処遇に不満を持つ他姓衆たちは、また自分たちが格下に扱われたと怒りが燻った。


家紋・大友 大友家紋ロゴ

他姓衆から選ばれた加判衆(=大臣)に小原鑑元(おばら あきもと)という家臣がいる。
小原氏は他姓衆・阿南氏の庶流の家なので家格は高い方ではない。
彼は先に挙げた謀叛鎮圧後の功労者として、肥後方分(ほうぶん)に任命された。

方分とは語源的には「方面分担」の略らしく、権限は行政と軍事の両方で大きい。
現代で言うと大臣が県知事を兼務する状態だ。
つまり謀叛直後の不穏な肥後の戦後処理と統治を任されたって事です^^

大友義鎮は、家臣の謀反を終生警戒していました。
そのため1人の家臣に権限が集中するのを嫌い、加判衆が役職の兼務をするのも嫌いました。

謀叛鎮圧の2年後の天文21(1552年)、小原は何の落ち度も無いのに突然、加判衆から外された。
メンツの潰された小原と恩賞に不満だった他姓衆たち。。。彼らが意気投合し互いの怒りが遂に爆発。

1556年(弘治2)5月・小原が肥後で謀叛を起こす
「事件」と呼ぶのは謀反鎮圧そのものは一月ほどで終ったからだろう。

首謀者の小原鑑元は討死、妻子は自害で滅亡した。
大友側・謀叛側の双方の死傷者は7000名にも達したが、6月には戦後処理が行われた。

だが言葉で「事件」と小さく報じても影響の大きさは隠せない。

大友義鎮は、小原に同調した家臣13名を処断し、府内にある彼らの屋敷を焼き払った。
そして危難(暗殺)を避けるため首都である府内から臼杵への転居を余儀なくされたんです。

人物・大友宗麟 大友義鎮=宗麟

小原と処断された13人の多くは、豊後大神系氏族出身でした。
豊後大神系氏族は鎌倉時代に大友支配を嫌って抵抗し続けていた一族です。
大友家の力の前に服従し家臣化した彼等でしたが、大友の身分格差統治スタイルにキャパ限界になったんです。

反抗的な豊後大神系氏族は、大友家にとっても靴の中の小石のようにイラっと来る存在。
主だった者たちを小原謀反にかこつけて処断し、彼らの力を分散したのではないでしょうか。
殺された13人全てが、本当に謀反に加担していたのか、シオは多少勘ぐってます^^;

鎌倉時代の大友家は、豊後大神系の一部を同紋衆に入れ(戸次や臼杵など)、残りは他姓衆にして血族間の横の連携を断ちました。
ですが豊後大神系氏族は、豊後国最大の氏族でして派生した武家も多いんです( ̄ω ̄A;アセアセ
処断に逆切れした暴徒が、義鎮の生命を脅かす可能性は無きにしもあらず。
で、王様自らが首都を引っ越すという、ちょっと情けない結果となったんです^^;

小原鑑元謀反の顛末と肥後国との絡みは、肥後戦国史で(ガッツリ)紹介したので、今回は簡単に経緯のみ紹介しました^^
king大友、幻の三州統一・壱~終

大友家で起きた謀叛の余波を見逃さず、虎視眈々と狙う人物がいる。
中国地方の新たな覇者・毛利元就が大友家に対し、特に海を挟んで自国の対岸にある北九州に野心を抱いた。

大友義鎮が家督を相続し次々起きる謀叛という試練を、何とか乗り越えてきた時期は、毛利元就が中国地方の新たな支配者として地盤を固めつつある時期と重なっている。
1557年~「姓氏対立事件」の翌年、毛利元就は傀儡政権だった大内氏を滅亡させ、本格的に北九州に介入し始めるのだが、それは・またの話 by^-^sio
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

小笠原家の家老だと流石に関連ないかも^^;

No title

小原ですか。小原姓と言えば小笠原家家老、宮本伊織(武蔵養子)の宮本家の親族です。ブログの小原とは関係なさそうですね。
プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
822位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
120位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR