FC2ブログ

【北肥戦誌・1585年】雷神死す

天正13年(1585)1月、道雪・紹運は高良山で越年すると、龍造寺方の西牟田家親が守る城島の砦を攻める。

家親は援兵を乞うてこれを防ぐと、大友勢は道雪の弟・右衛門大夫以下が討ち死にするなど討ち負け、高良山へ退いて行った。

が、2月に今度は島津方・問註所鑑景の井上城を攻めるべく生葉郡へ打ち入る。

鑑景はこれを聞き、多勢を防ぎ難く思い、城を去って草野鑑員を頼るべく発心岳へ登り共に籠城する。

豊後勢は志賀・朽綱を加えて鑑員を攻めるが、城は落ちず上から下へ追い落とされた。

やむなく道を塞ぎ遠矢を放って四月半に渡り攻囲に徹する。

そして道雪は、城中に居る草野の親類ら9人を寝返らせる事に成功、城に火を点けさせる計略となったが、草野家臣・灰塚三河守がこれを聞きつけ、9人全員を捕えて首を刎ねたため失敗に終わる。

政家・信生は急ぎ草野を援けるべく自ら出陣、柳川の家晴勢を含めた総勢20,000余騎で筑後へ討ち入った。

これに豊後勢はまず草野を差し置いて高良山へ帰陣、敵に先んじて不意を突くべく中途へ進出し、10,000余騎で待ち構える。

隔して4月18日に矢玉で応酬、初戦は高橋紹運の一手を家晴勢が敗走させた。

これに道雪の一手が攻め掛かり、逆に家晴勢は100余人を討たれて二陣に崩れかかる。

更に龍造寺勢の脇備えを担っていた上松浦勢が朽綱勢に負けた為、龍造寺勢は悉く久留米城へ退き、豊後勢は勝利ながらも高良山へ帰陣する。

9月、筑後国山門郡は堀切の地下人が龍造寺に背き、大友勢を引き入れるとすぐさま、豊後勢の平井鎮経は堀切の城へ籠った。

田尻鑑種は、堀切の者から預かっていた人質二人を処した後、鷹尾城を出て地下人誅伐を開始した。

これに豊後勢が堀切勢に加勢、田尻勢にも家晴の柳川勢が加勢すると、家晴は堀切城を押さえ鑑種は豊後勢を追い払った。

その後、家晴と鑑種は三池親基の領地へ入り諸所を放火すると、山下の蒲池家恒が三池の加勢として濱田村へ陣を布く。

これに田尻勢は、領民の振りをして農具に太刀・長刀を包み隠して、古賀の渡しを渡って山下勢に近付いて攻撃、更に鑑種・家晴も加わると、敵は悉く退いて行った。

その後、鑑種・家晴も鷹尾城へ戻った。

この頃、島津勢は合志氏・隈部氏を従えさせ、島津に背く肥後国人はいなくなっていた。

ならば筑後を征すべしと9月下旬、島津家臣の伊集院肥前守・山田越前守らが筑後へ討ち入る。

これに三池親基が従うと、大友方・平井鎮経が籠る堀切城を攻めた。

城兵はこれを防ぎ得ず、平井は江の浦の城へ逃れ中野兵庫助に合流、平井はその後、島津勢に懇望し豊後へ帰国した。

同じく9月、戸次道雪は春から高良山へ在陣し、病にかかったのであるが、いつまでも他国に遠征していられないと、
鍋島信生を引っ張り出し十死一生の戦いをして運を天に任せんと9月中旬、一騎当千の者700名を選び出し瀬高口へ進み出る。

そして柳川城へ戻っていた信生へ使いを出し、
「大友と龍造寺は武威を争わせて長いが、兵革の費えと万民の嘆き、それに過ぎたるものはない。
ならば其方と我の二人で槍を合わせ、雌雄を決して諸人の苦しみを援けようではないか。
すぐさま瀬高口へ出馬あるべし」と伝えさせた。

信生は道雪の心底を推し量っていたが恐れるに足らずと、まず斥候に敵陣を調べさせた上で城を出て井手の橋に着陣する。

家臣は道雪の考えを察して、今回の一戦は延期するよう述べるが、信生は応じなかった。

だが不意に、佐嘉勢の中から倉町信吉と水町信定が大喧嘩を始めた為、前後の備えが混乱し始めた。

信生は今日の一戦は力及ぶまいと城へ引き返した。

道雪は憤激するも、止む無く高良山の本陣へ引き返した。

この喧嘩であるが、倉町と水町が雌雄を止める為に企んだ事であった。

10月20日、道雪は北野の陣中にて没した(高良山の陣から北野へ陣を移動した模様)。

そんな折、いまだ高良山に陣を布いていた高橋紹運であるが、居城の宝満城が秋月種実の謀の為に焼き立てられ、伏兵に攻められた末に紹運の子・統増が下城した。

その煙が高良山から見えたのであるが、これに紹運は驚き、早速士卒を率いて同月23日、筑前へと帰陣した。

これに志賀・朽綱も同日に悉く帰陣する。

紹運が戻った時には既に宝満城は、秋月の一味である筑紫広門の一族・興門が入城しており、紹運は力無く岩屋城へ入った。

大友勢の退去に、龍造寺勢は高良山へ登って凱歌を上げた。そして皆が在所へ戻って行った。

この年、羽柴秀吉は諸国の争いを停止させる。

中でも鎮西の件は、11月上旬に小早川隆景が上洛し秀吉に訴えた為、秀吉は龍造寺・大友・島津の三家へ(既に龍造寺は島津へ人質を出しているのに?)争いを止めるよう申し送った。

三家ともこれに背き難く、其々神文を交わして九州は静謐となった(??)。

そこへ島津側が鎌田政弘を大坂へ差遣し関白へ、
「義久は既に九州の過半を切り取っている為、今に於いては九ヶ国を賜りたく。
然れば高麗・南蛮・唐国まで御成敗の折には、御先を仕り忠節に励む由」と金銀を捧げ言上したが(???)、関白は承諾しなかった。

(『上井覚兼日記』天正14年1月23日の日記では、惣無事令について・・・島津は頼朝以来の名門で、羽柴を関白と仰ぐなど笑止との意見もあり、細川藤孝への附状にて答えるとし、
「先年(天正8年)信長公の才覚を以って大御所様(近衛前久)豊薩和平の為に罷り来られ、これに従ったものの、大友勢が日向及び肥後境を侵した為、防戦を余儀なく致しました。
故に当方には改易されるような非はなく、その旨、御伝え下さい。 1月11日 義久加判 細川兵部入道殿」(以上ざっくり意訳)との書状を鎌田政弘に託して差遣させたと記述されている)

これを聞いた大友宗麟は、我らも上洛して関白を頼み、島津に対し年来の遺恨を晴らすべしと、上下一千余にて船で堺へ上がって大坂へ登城し、正宗の太刀一振・無双の駿馬一疋・虎の皮100枚・その他に和漢の茶の湯の器などを積み並べて、関白に拝褐した。

宗麟は加勢を乞い、筑後国を進上すると府内へ帰城した。

また、立花統虎・高橋紹運を直参として立花・岩屋両城へ入れた。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

九州下向組?

名前だけを検索すると東北・福島の相馬家にも、同じ名前の家臣がいますね^^
元寇か、南北朝争乱の前後で九州へ下向した武士たちの一人だったのかも。

草野氏自体は在地の国人ですから、九州へ来て草野氏に仕え、○○村に土着し村の名前を姓にしたとか?
○○左馬助秀家も、御先祖所縁でしょうか?

自分は大蔵系氏族ファンでして、原田氏の絡みで草野氏を知ったんです。
肥前草野氏と筑後草野氏の区別が・・・^^;
精進しますので、こちらこそ宜しくお願いします^-^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

出典

灰塚さま 初めまして^-^

出典元は北肥戦誌です。

『九州治乱記』『治乱記』『覚書』とも言われ、佐賀藩士馬渡俊継(まわたり・としつぐ)が江戸・正徳年間(1711~1716)に、肥前を中心に蒙古襲来から秀吉の天下統一までを著した通史です。

自分も蔵書しているわけでなく、データとして借りたものなので、北肥戦誌の何巻目なのかまでは把握してません^^;

あと現在、出版されてないので、古書か中古のショップなら入手できるかもです。

No title

はじめまして。

内容に私の先祖のこと書かれておられるので、興味深く拝読しました。

「灰塚三河守」云々の箇所にて使用した資料があれば教えていただきたいのですが・・・。

よろしくお願いします。

Re: 1584後半が・・・

え?Σ(´Д`;)

続きありました? アタヽ(´Д`ヽ ミ ノ´Д`)ノフタ

保全漏れでつ・・・・il||li _| ̄|○ il||l

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
779位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
122位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR