FC2ブログ

北肥戦誌【1576年】その2

隔して犬塚と徳島は藤津へ進軍し、森と云う場所へ要害を設けて、有馬勢と退陣する。

隆信は、両人からの度々の注進を受け、1月20日に10,000余騎にて須古を発つと、2月初旬に竜王峠に着陣した。

犬塚・徳島が出迎えると、隆信は両人を案内役に藤津へ進軍する。

隆信は2月6日に軍を二つに分け、自らの旗本衆3,500は浜付を押さえ、残る6,500に横造の城を攻めさせた。

先陣は犬塚・徳島、二陣は鍋島信房・鍋島信生、更に三陣・四陣と催して横造城攻めを開始する。

この城には有馬家臣の深町尾張守・原左近大夫・原十郎・原五郎・岩永和泉守が加わり、城兵2,000余騎が大手の江で龍造寺勢を抑えた。

先陣の犬塚・徳島は軽卒を進め、矢玉を放たせて敵数十人を打ち倒させると、城兵を押しこめて柵を作った。

これに原・深町らは喚きながら切り掛かり、柵を破って犬塚・徳島勢と戦う。犬塚・徳島勢は討ち死にが多数出て、あわや犬塚弾正も討ち死にかという瞬間、二陣の鍋島勢がこれを援けて続く。

だが、勝ちに乗る原・深町の攻撃に鍋島勢も打ち負ける。

これを見て、佐嘉勢の中から北島兵庫助・水町彌太右衛門・江里口九郎右衛門らが飛び出し、崩れた味方を引きたてて激しく戦う。

それでも城兵は尚も強力に防戦し、双方討っては討たれが続く消耗戦の様相であった。

そんな最中、有馬方に居た藤津は日守城主・宇禮志野(嬉野)直通が、どういうわけか防備を引き払って龍造寺側に寝返った。

この動きに、相備の原豊後守・永田備前守・吉田左衛門大夫も味方の陣から離れて、越後守と共に城兵と戦い始めた。

これに城兵は動揺し、陣が崩れた為に城内へ入らんとするが、永田・吉田・嬉野が後ろを遮った為に進めず、この機に左右に廻った龍造寺勢により、深町尾張守ら大将達が皆討ち取られた。

そして遂に城戸口を破った龍造寺勢は、城内所々へ火を掛けて城兵を焼き立てる。

城兵は煙たさのあまり防ぎかね、悉く討ち取られて城は落ちた。

有馬勢300余人が討ち死にした。

この勝利により、鷲ノ巣城と鳥附城は龍造寺勢が攻める前に城兵が立退いた為、隆信は鳥附(鹿島)へ陣を移した。

ここに於いて嬉野直通・嬉野通益・その子息嬉野興右衛門尉・嬉野大和守・原直家・吉田左衛門大夫・永田通清・久間薩摩守・上瀧盛貞らを始めとした者らが我先にと参陣して、龍造寺に従う。

隆信の軍勢は更に膨れ上がり、すぐさま浜の松丘城を攻める事になった。

有馬義純・義直はこれを聞くと、合戦を避けて松丘の陣を払い高来へ退いた。

隆信はしばし鹿島の陣へ留まる。

その間に、龍造寺家に属した藤津の嬉野・永田・原・上瀧・吉田らに本領の安堵を許した。

また、犬塚弾正を犬塚益家と改名させ、森岳城へ入れてこの郡の新領地200町を与えた。

徳島左馬助を筑後守とし、新しい領地を与え、松丘の城へ修理して入れると、徳島の与力に横岳家実を副えた上に、上瀧志摩守・辻甚七・永田左京らの手寄衆を各番に入れ置いた。

鷲ノ巣には嬉野興右衛門を入れ、鹿島の城へは鍋島信房を入れて、有馬への抑えを形成した後に、隆信は須古へと帰城した。

***************************************************************************************

二次資料より

嬉野直通は、『北肥戦誌』では横造城攻撃中に龍造寺家に寝返った様になっていますが、
『普聞集』では予てより隆信に誼を通じて鹿島城にあったとされ、
1576年に有馬家は、深町尾張守(または美濃守)と原左近大夫(または清十郎)に直通を攻撃させたとあり、
このときに直通は隆信へ援軍を求めたが、隆信が東肥前に出征中であったため叶わなかったとあるようです。

また、日守城主である筈が鹿島城主とある点ですが、嬉野家に『越後入道宗佐(直通)伝』という史書があるそうですが、
それには「日守城を僻地として自ら新城を鹿島の渡し口に構えて攻守三年」と記されている様で、この戦いのときには移転していたようです




余談ですが、文中の徳島氏は肥前千葉氏庶流です。

徳島氏の家祖は肥前千葉氏7代目・千葉胤鎮の孫です。

超絶レアだろうなぁ~徳島氏を知ってる人います?(==)

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
653位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
111位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR