FC2ブログ

龍造寺家兼_12【筑後乱れる・後編】

1507年3月、大友義長(宗麟の祖父)に反旗を翻したのは筑後国人・星野重泰。

星野氏の本城は妙見城(現・福岡県うきは市)。

勢力範囲~筑後の生葉・竹野両郡を領し鷹取・妙見・白石・山中・福丸の城砦を持つ。

星野重泰は、大友と戦う前に自らの葬儀を七回執り行った。

それは、かつて星野氏が大友に対し「七代の間は謀反をしません」と誓詞を出していたからです。

星野は「葬儀七回!これで誓詞にある七代クリアしたどぉ━━━━ヽ(´ω` *)ノ━━━━ッ★」っと、
厳かで派手?なパフォーマンスを行う事により、城内の士気と結束を固めた。(伯耆守の七葬式)

大友義長は、おそらく他の筑後国人らへの見せしめもあるのだろう。

星野鎮圧に1万余騎という大軍を、自ら率いて筑後入りした。

この鎮圧軍に、少弐資元と少弐一門の横岳氏、馬場氏が加勢として入っている。

鳴り物入りで攻撃開始した大友軍だが、星野の妙見城が落とせない~~( ゚д゚)ンマッ!!

城知識が乏しいため詳細を紹介できず申し訳ないのだが、
とにかく前線指揮官としての星野は非常に優秀で、かつ妙見城も天嶮の要害だった。

星野は地の利を上手く使い巧みに大友軍を翻弄し、とてもではないが容易に落とせそうにない。

大友義長は焦った・・・!

家紋・大友(大友家紋ロゴ)

たかが国人の謀反に時間を労するようでは。大友家の威信にかかわる。

それに豊前が大内の支配下の現在、筑後の星野に通せんぼされたのでは、
少弐と連携した軍事行動に齟齬が生じる。

力攻めがダメならと、大友は謀略(正確に言うと臼杵のアイデア)を用いた

大友家臣に竹尾という者がいたのだが、
彼が筑後に入り星野家臣となって妙見城に潜入する。

竹尾が自分の身元を何と言い繕ったかは不明だが、とにかく上手く星野重泰に近づく事に成功。

リラクゼーションなぅ~入浴中の星野重泰を殺した。

突然だが入浴中に殺された武将といえば、源義朝がインパクト大。

大河の玉木・義朝は入浴シーンじゃなかったけど^^

で大河で現在の帝は高倉帝なのだが、星野重泰の先祖は高倉帝に仕える調 助能という人物だった。

笛の名手だったので「調」という姓を帝から与えられたの^^b(星野先祖は助能の次男)

大友は調一族である星野家名跡を絶やすのは忍びない(自分で謀殺したくせに)。

てことで、星野一族から親実を引っ張り出して星野当主にした。

こんな事されて「はい、そうですか」と星野家中が納得できるはずがない。

実は星野氏の系譜は、じゃっかんカオスでして^^;

この謀反前後あたりは、とくに解りづらく、大友が引っ張り出した当主や、大内のバックアップ受けた分家とかとか( ̄ω ̄A;アセアセ

つまり大友は、それだけ星野の反抗的態度&謀反に(数年単位で)手こずってたらしい。

大友義長が自ら筑後入りしたのも、かなり星野に頭に来てたからなのよネー(*´・д・)(・д・`*)ネー

義長は死ぬ間際ですら「ゴルァ!!!(# ゚Д゚)・;'.星野はゼッテー許さねぇ」と遺言してたそうな^^;

なんだかんだと星野謀反を完全に鎮圧するのに、大友は1513年までかかってます。

星野カッコ(・∀・)イイ!(シオが筑後で一番好きな国人は星野なのだ~(人´∀`).☆.。.:*・)


blog_import_5042d1b6ec144.jpeg


北九州の覇権争い・・・初めは「少弐VS大内」で、それから「少弐+大友VS大内」になり、
今は「大友(おまけで少弐)VS大内」になった。
(ちなみに大友は肥後国主である菊池家の家督にも介入している。)

そのたびに北九州各地では戦が起きて、大内からは毎度「少弐退治(-人-)☆彡オネガイ」の嘆願来るし、
大友からは「少弐赦免(-人-)☆彡オネガイ」が来る。

さすがに足利将軍家も「イラっ」と、切れてきたのか?。
はたまた、ここは一発「将軍の威光」を示そうと思ったのか?


1507年3月、将軍家より御行書キタァ━━━━ヽ(´ω` *)ノ━━━━ッ★
達「急ぎ宿意を忘れ鎮西の争いを止めよ!!(怒」
公布先は大友、少弐、菊池、伊東、島津、大内、渋川。

追い出された渋川は、どっちかというと被害者なんじゃ・・(._+ )☆\(-.-メ)オイオイ

「大内と少弐」「島津と伊東」「渋川と少弐+千葉」が、それぞれ手打ち和睦した。

てことで御手盛り人事~~^^/

大友義長~~~従四位
少弐資元~~~肥前守
菊池義国~~~肥後守
千葉興常~~~「屋形号」の呼称を許される(国主待遇)

これで落ち着くかに見えたが、戦国なんで落ち着くはずがない。

同年、細川政元が暗殺され、細川澄元が敗北して自害

室町幕府・管領家として権勢を振るい、半将軍とまで言われた細川政元が殺された!!

激しく動く中央政界の情勢に、大内義興は上洛の決意をするのだが、それは・またの話 by^-^sio

次回より新章~竜造寺「承」の巻です^-^
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 内緒さま

コメントありがとうございます。

まだまだ勉強中の身ですが、お役に立てれば光栄です。

宜しくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
839位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
130位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR