FC2ブログ

相良晴広_1【多良木】まさかの嫡流?!【人吉】


せっかくストックがあるんで、どうせなら色々やってみることにしました^^/
基本、マイペース不定期更新なんで、またーり御付き合い下さいませ (* ̄ヽ ̄)ナゲキッスヽ(* ̄・ ̄)ノ^☆チュッ♪

先日、資料用データとして大内氏をアップしたら、ブログ友から質問されました。

「相良武任は相良氏全体の中でどういう出自なのですか?」

あ、秋月種実本編で登場させようと思ってたから、シオ的武家家伝・大内では飛ばしたんだっけ^^

てことで質問には既に答えてるけど、どうせなら相良氏と絡めて記事にしちゃえ~とネタにしました,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!



さて、シオは基本素人なんで、研究家のように相良家概論を述べるつもりは毛頭なく、
何時もの如く「ザックリ説明」で行きます(*´pq`)クスッ゙

相良家には「上(多良木)相良」と「下(人吉)相良」の二系統がありました。

どこで分れたか~~って細かい話は飛ばして、とにかく嫡流は多良木の方です。

両家の運命が別れるのは「南北朝の争乱」です。

最初は両家とも南朝でしたが、人吉相良の方が寝返り北朝方になった。

でもって多良木相良には「まさかの北朝勝利」で南北朝の争乱が幕を閉じる。

新政権「室町幕府」が認めたのは、当然「自分たちに与した人吉相良」の方。

多良木相良は総領家の座を失ってしまった ガ━━━(゚ロ゚;)━━ン!!



人吉城二の丸跡

多良木相良は往時の勢威を取り戻すべく、リベンジしようと人吉相良に挑んだのが文安5年。

文安5年・・・1448年で室町時代、翌年に足利義政(銀閣寺の人)が将軍に就任します。

当時の人吉相良当主は10代目で15歳の若さでした(漢字難しいから名前パス)

でもってリベンジを挑んだ多良木が、相良頼観・・・相良武任の祖父(=^・ω・^=)v ブイ

15歳の10代目は多良木・相良頼観に一度は敗れてしまいます。

多良木・相良頼観を撃退し討ち果たしたのが、後に11代目となる庶流・永留相良長続。

10代目は、長続が帰還を進めたのに固辞して戻らず、そうこうしているうちに不慮の事故で怪我をして、それが悪化して死亡する。

このあたり非常に怪しい,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!

庶流の永留相良氏が、家督を乗っ取ッテ・・・(._+ )☆\(-.-メ)オイオイ

まぁ、そのへんはさておき11代目となった相良長続は非常に優秀で、彼は戦国相良家の土台を作った人物です。

人吉相良に吸収された多良木相良ですが、何というか~やはり人吉勢に対するライバル意識は残ってたみたいです(==;


相良家紋

で、死んだ相良頼観の息子・正任(=武任パパン)が生き残って山口に亡命し、大内政弘に仕えたと言われています。

相良の家系図見ると武任祖父の相良頼観は長男なんです。

ただ嫡男なのか庶長子かが、シオペディアじゃ解らない(-ω-:)ウーン

祖父の官位が左衛門尉で、一緒に挙兵し11代目に討たれた祖父弟・頼仙が摂津守。

どっちの官位が多良木当主の継ぐ官位なのかなぁ^^;

通字は頼なんだが、祖父兄弟ともに頼の文字が前についてるから、諱でも区別つかないし(-ω-:)ウーン

祖父が庶長子としても祖父弟・頼仙に男子がいない(or殺された?)ので、
相続者としては武任パパ・正任が相続第一位だった?( ゚д゚)ンマッ!!

てことで大内義隆の佞臣として、陶謀反のキッカケを作った相良武任の血筋は、
世が世なら総領家~まさかの嫡子?!・・って感じです^^/

系譜が、どこまでホントかは解んないですけどね~~

まぁ毛並は宜しかったかと・・・(*´pq`)クスッ

スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
551位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
95位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR