FC2ブログ

【北肥戦誌・1590年】

天正18年 (1590)1月、16年より在京していた政家が佐嘉へ着いた。

また3月7日、関白より鍋島直茂へ、政家に代わって政務に努め、龍造寺家督については政家の嫡子・高房と仰せつけられると、政家は隠居となった。

政家は佐嘉郡の太俣に5,224石の隠居料を以って隠居所を構え移り住んだ。

同年春、関白が小田原の北条征伐へ出陣、これに鍋島直茂は田尻鑑種・土肥家実・西牟田家親ら100人を小早川隆景の軍勢に加え、自らも上洛すべく妻と共に2月19日に大坂へ上がった。

ちょうど彼岸の節句の時期で大坂天満宮への参拝者が多く、大坂へ6日間逗留した後、24日に京都へ着陣、田尻らは清州へ赴き、直茂夫婦はそのまま在京(ただ夫婦で旅行しただけです、有難う御座いました)。

田尻らは8月19日に佐嘉へ帰陣する。

関白が諸国の人質を召した。

鍋島直茂は次男・平七、江上家種は養子の伊勢松、後藤家信は嫡子・初龍、龍造寺家晴は嫡子・万歳を其々大坂に差し登らせた。

このとき、政家の母・宗誾尼と息女の於安はこれに代わって下国した。

但し於安は、関白の達しにより豊前小倉城主・毛利勝永に縁組しており、宗誾尼のみ戻った 。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
490位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
92位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR