FC2ブログ

【少弐・千葉(東西)・龍造寺~和合成立!】龍造寺、破の巻11

1529生年説13歳だと健気~(人´∀`).☆.。.:*・
1510生年説32歳だと、ちと情けないか?(-ω-;)ウーン
某太閤記を先取りし、少弐冬尚が形振り構わぬ捨身の突撃訪問なぅ~
(水ケ江城の)奥へ通された冬尚へ剛忠(家兼)は、
「正気の沙汰とも思えぬ有り様ですが、何用にて御渡りに御座いましょうや」

と問えば、冬尚は
「私は今、大内に家を削られ断絶の憂き目を見んとしている。これを天運と言いつつも遺恨は止むものに非ず。昨今、国中を見廻すに、御辺は末頼もしき御仁なれば、亡き父・資元の頃と変わらず、龍造寺が御家に何卒お力添え頂き、廃れいく少弐が家を取り立てて頂きたく御頼み申す。
もし承らざれば命を白刃に縮め、根を黄泉に報じます」と述べた。

亡き父の頃と同じように頼む!(-人-)☆彡オネガイ援けて!
援けてくれなきゃ、冬尚、もぅ死んじゃうしかないの~・゜・(PД`q。)・゜・(超省略&超意訳)

人物・剛忠小 剛忠(家兼)イメージ画像

人を裏切り者扱いして小田に攻撃させたくせに、どの口が言うか~ゴルァ!!!(# ゚Д゚)・;'.
と罵って o( ̄Д ̄θ★ケリッ! って追い返したいが、単身で来た冬尚に、それはちと後生が悪い^^;
思えば龍造寺家が肥前国中に、その名を轟かせたのは先君・資元公の御褒めに預かり、少弐被官となったればこそ。
剛忠は恨みを思いつつも、旧恩を安んじこれを承るとした。

結論:剛忠の次男・家門を後見とし、江上元種、馬場頼周と共に(冬尚を)補佐する事となった。

これで一安心と思いきや、少弐サイドだった多久宗時が、有馬晴純に寝返った!
思わぬ事に喜んだ有馬晴純は、
「よっしゃ~肥前へ攻め込むど~まずは手始めに小城の千葉喜胤(東千葉)を攻略だ!((((((((((っ´▽`)っヒャッハ~」


東千葉と西千葉+少弐は長年争っていた。

東・千葉喜胤にすれば、前から有馬・後ろから少弐と挟み撃ちされる格好になり大ピンチ!

この事態に剛忠(家兼)は慌てた アタヽ(´Д`ヽ ミ ノ´Д`)ノフタ

有馬の目的は肥前併呑で、少弐と領土を分け合う気持ちなど毛頭ない。

東・千葉を潰したら、一気呵成に少弐の神崎郡へ攻め込んで来るだろう。

今の少弐は神崎郡を維持するのがやっとで、有馬の侵攻には耐えられない!

もはや、東千葉と西千葉+少弐が争っている場合ではないのだ。

剛忠(家兼)次男・龍造寺家門は小城へ赴くと、
東・千葉喜胤へ、千葉氏が少弐(西千葉含む)・龍造寺と合力しあう方針を提案する。


家紋・肥前千葉(肥前千葉家紋)

提案1)男子のいない東・千葉喜胤へ~冬尚の弟(胤頼)が養子として入る。
提案2)同じく男子がいない西・千葉胤連へ~剛忠(家兼)曾孫にして、鍋島清房の次男・彦法師(後の直茂)が養子として入る。


千葉喜胤は、これを了承。ここに千葉・少弐・龍造寺の和合が成立した。

喜胤のオヤジ・興常なら和合案拒否って、大内の助勢頼んで、肥前が更にカオスしたかもだなぁ^^;

有馬さんは、この和合成立を聞くと「やべ、これ無理だわ」と撤収した。

肥前における3つの勢力がタッグを組んで、これで無双と安心したのは束の間だった。

東の千葉喜胤が病を苦にして自害したんです ガ━━━(゚ロ゚;)━━ン!!

西千葉は既に嫡流が絶えて養子の系譜になってましたが、
庶流だった東千葉も、ついに血統が絶えてしまった・・・il||li _| ̄|○ il||l

後を継いだのは養子に入ってた少弐冬尚の実弟だ。

和合継続とはいえ、その内実はバランスが崩れ始め、そして馬場頼周が龍造寺排除に動き出す。

次回より新章・龍造寺「滅」の巻~それは・またの話 by^-^sio
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
490位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
92位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR