FC2ブログ

【陰謀か?】龍造寺を潰せ!・参【武略か?】龍造寺、滅の巻4

戦国大名が生き残るコツは、国人領主をコントロール出来るか否かが重要だと思う。

少弐は、龍造寺がこれ以上大きくなってコントロール出来なくなる前に潰そう、と決めた。

それ自体は罪ではない。戦国時代なのだ。どこでもある話です。

でもね、冬尚さん・・・そういう事やって大丈夫なのって、大友とか大内とか大大名ですよ~~~

三家(東西千葉・龍造寺・少弐)和合が、よっぽど気に入らない・・・(._+ )☆\(-.-メ)オイオイ

1544年冬、少弐冬尚は「多久と上松浦の者達が有馬について少弐に背いた」と偽り、剛忠(家兼)に彼らを討伐する様命じた。

剛忠(家兼)ほどのベテランが、冬尚の言葉を信じたのには下地があった。

同年1月23日、龍造寺は有馬へ寝返った上松浦・大川野城を攻撃してるんです。

しかも攻略に失敗し、龍造寺側は一族の将を多数失っている。

それらを受けて、裏切りクセのある多久や上松浦勢が動き出す事は自然な流れ。
これを、しかも和合してる少弐の陰謀だと見抜くのは、超能力でもない限り無理だったでしょう。

人物・剛忠小(剛忠(家兼)イメージ画像)

11月21日、剛忠(家兼)は龍造寺盛家(義理甥)らを上松浦へ、龍造寺家純(長男)らを多久の梶峯城へ、
龍造寺家門(次男)らは有馬家を追い払うべく長島表へと三方へ派兵した。


まず家純が多久の梶峯城を落として、周家(家純長男)を城の守りに入れた。

上松浦攻めは、鶴田氏の獅子城を囲むが落とせず、同月23日に龍造寺盛家らが討死にする。

残った龍造寺勢は獅子城を囲んだまま越年したらしい。

だが、ここで少し雲行きが怪しくなる。

1545年1月初旬、有馬勢は龍造寺一族・鶴田越前守の獅子城を攻めた。

ヽ(。_゜)ノ へっ?鶴田は有馬に寝返ってたんじゃないの?
龍造寺勢は何が起きたか判らなかったんじゃないだろうか( ̄ω ̄A;アセアセ
( ̄ko ̄)<まぁ自分らの退却が先で、それどころじゃなかったかもでつ

有馬勢は同月7日に獅子城を攻め落とし、すぐさま城警固の為に馬渡主殿助俊信を入れ置いた。

鶴田兵はリベンジのため、12日に急ぎ馬渡俊信と戦う。

馬渡は手の者を下知して防戦し一旦は鶴田勢をo( ̄Д ̄θ★ケリッ!撃退するのだが、
鶴田勢には勝手知ったる己の城だ。

その夜に、城の後方へ廻り険阻な場所を登って、密かに城中へ近付くと鯨波(鬨の声)を上げて夜襲敢行。

有馬の馬渡勢は利を失い、馬渡他60余人が討死。鶴田は居城を取り返した。
(鶴田:何この流れ!超迷惑だったわ!城は取り返したけどね!(`・ω・´)キリッ)

家紋・少弐(少弐家紋)

一方、多久攻め組の龍造寺豊後守家純らは、同月18日~多久城を遂に落とした。

だが、多久城搦め手に向った龍造寺新五郎・於保備前入道・副島五郎左衛門尉・副島右馬助猶房らは、
14日に志久峠で、平井・前田・井元に敗れて悉く討たれており、
城を落としたと言っても龍造寺家純側の損害も大きかったようだ。

また、長島表に向った龍造寺勢の方も、同月15日に藤津冬野原の戦で有馬勢に敗れ、
龍造寺右京亮胤直(剛忠(家兼)甥で盛家とは義兄弟)が討ち死にし、
18日に追い縋る有馬勢と戦いながらようやく佐嘉へ戻った。

やれやれ( ̄ω ̄A;アセアセ と一息ついたのも束の間。

水ケ江城を2~3万の兵が取り囲む。
剛忠(家兼)は我が目を疑っただろう・・・
取り囲む兵らの中に少弐の旗印が掲げられていたからだ。

有馬、松浦勢、少弐を含め水ケ江城を囲む数は19勢。

この時になって初めて剛忠(家兼)は、尋常ならざる事態に陥り、
龍造寺を潰すための謀略が張り巡らされていた事に気付いた。

大内が滅ぶ「大寧寺の変」まで残すところ後6年。
ゾンビ少弐&カメレオン龍造寺は生き残る事が出来るか? それは・またの話 by^-^sio

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
779位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
122位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR