FC2ブログ

【King大友、幻の三州統一・壱】相良氏、戦国名君編18

鎌倉時代、幕府の命で遠国の九州は三人衆が治めていた。

少弐氏が筑前・豊前・肥前の三州で、戦国の現在は没落街道驀進中。
島津氏が薩摩・大隅・日向の三州で、戦国の現在は大隅統一やり直し中
大友氏が豊後・筑後・肥後の三州で、戦国の現在は本シリーズ読んでネ^^b

島津の「三州(薩摩・大隅・日向)統一」っていうのは、鎌倉時代と同様の勢力回復を目指すって事です。

で、大友は大友で「三州(豊後・筑後・肥後)統一」が宿願だったんです。

家紋・大友(大友家紋ロゴ)

まぁ豊後は本貫地だからして、御家騒動・親子不和で大友家中が揉めるのは平常運転。

それはさておき、まずは筑後支配から。

これも国人が言う事を聞いてくれないから、手こずる手こずる。

特に筑後星野氏の謀反には、大友義長(19代目)義鑑(20代目)の二代に亘る当主が悩まされました。

とにかく何とか筑後の謀反は鎮圧され、筑後には大友直参「高一揆衆(二十五家)」が置かれています。

筑後で最も勢力のある蒲池氏は、上蒲池と下蒲池に分けて懐柔。

筑後国人・十五家は大友に従い「豊後参り(大友の軍事パレード)」に強制参加。

「豊後参り」不参加の者は「謀反人」として処断された。

大友家最盛期である大友義鎮(21代目・宗麟)の頃には、大友による筑後統一は完成していました。

地図・筑後
(筑後関連地図)

次は肥後~肥後~(*´○`)o¶~~♪

経過ぶっとばして、とにかく室町時代における肥後守護職は菊池家でした。

菊池家が盤石であれば、大友家といえども無法な手出しは出来なかったでしょう。

が時代の推移とともに御約束の肥後守護職・菊池家衰退( ̄ω ̄A;アセアセ

【肥後へ最初の家督介入】
大友家が菊池家の家督に介入したのは1505年の事です。

大友義長は縁戚である阿蘇惟長を菊池当主として送り込んだのですが、
菊池三家老(城・赤星・隈部)が従わずo( ̄Д ̄θ★ケリッ!

阿蘇惟長が出戻ったせいで阿蘇氏宗家が一時期二系統に分裂します^^;

【肥後へ二度目の家督介入】
空位になった菊池当主に、菊池庶流託摩氏から武包が当主として送り込まれた。

これは最後の菊池当主である義武が元服するまでの仮の措置でした。

1520年に義武が15歳で元服すると武包は家督を譲っています。
(というか譲らされたが正解かも^^;)

【大友に対する最初の肥後国謀反】

1523年、大友の介入を嫌った肥後国人が前当主・武包を担いで蜂起。

リベンジは失敗し、武包は肥前へ亡命、さらに島原へと行き、1532年2月13日に死去した。

【大友に対する2度目の肥後国謀反】

1534年、大友が送り込んだ菊池当主・義武が自立を望んで挙兵。

この時は義武が大内義隆とタッグを組んでた為に「大内VS大友・勢場ヶ原の戦い」にまで発展した。

肥後鎮圧のために大友本軍は出陣しており、留守兵が大内と激突。

総大将討死という事態にまでなりつつも、何とか大内勢を撃退した。

この事態に流石の大友家も「肥後と北九州の二兎を追う」を断念。
大内義隆と和睦し、北九州から撤退、少弐氏への支援から手を引いた。

謀反鎮圧後に肥後守護職は大友義鑑が補任。
肥後支配の大義名分は大友のものとなる。

【大友に対する3度目の肥後国謀反】

1550年、大友義鑑が御家騒動で死ぬと、菊池義武がリベンジのために再挙兵。

ですが義武本人が肥後国人の衆望を得ることが出来ず、結局は鎮圧されました。

肥後国人にとっては、義武だろうが義鎮だろうが、しょせん大友同士の揉め事ですから^^;

大友義鎮は謀反鎮圧に功績のあった大将・小原鑑元を肥後方分に任じた
※「方分」は大友独自の地位で、ほうぶんorかたわけ、と読み方もハッキリしていない。
職分も研究者によって解釈が微妙に違うんだけど、室町幕府でいうと守護代に相当する役目らしく、
一地方行政官とはいえ権限は「行政・司法・警察」の全てで大きい。
大友家では肥後国人衆に対し「小原鑑元の寄子(よりこ)として、その命に従うように」と通達している。

だが、もはや遅かった・・・肥後国のうち、南肥後三郡(水俣・八代・球磨)の相良家が既に戦国大名として自立。
相良晴広は独立した勢力として、大友からの「菊池義武の身柄引き渡し要求」を最後まで拒み抜いた。
相良家を従わせる事が出来ず、止む無く大友家では偽りの和睦案で義武を釣って自害に追い込むという、小細工をする羽目になる。
しかも、その後に相良家へ「義鎮は何も知りませんでした。」と言い訳までしている。

この時点で、大友の肥後統一は頓挫しており、残るは北肥後だけだったのだが、
それは・またの話 by^-^sio
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

> 肥後はやはり国人の利益が入り組んでいて、統一を嫌う歴史なんでしょうか。

やはり気質的に誰かの命に従うって受け付けないかもです。

>大友家を筆頭にして、封建領主という感じの領主が多く、

それはあると思う。
鎌倉以来の名門揃いだから、家格意識が強いんじゃないでしょうか^^;

No title

肥後はやはり国人の利益が入り組んでいて、統一を嫌う歴史なんでしょうか。大友家を筆頭にして、封建領主という感じの領主が多く、戦国大名という感じが、あまりしませんね。w村ポチ。
プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
779位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
122位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR