FC2ブログ

【儀式 川* ̄д ̄*川ポッ~還俗・後篇】肥前の熊「誕」の巻9

還俗が決定した中納言円月(隆信)は、まず石井兼清(別名・忠房)の家へ迎い入れられた。

亡き剛忠(家兼)は、少弐・馬場の陰謀による落城一門ピンチの時は、円月(隆信)を逃がしていた。
が、落ち着くと円月(隆信)は再び住職を務める宝琳院に戻されていたらしい。

剛忠(家兼)が「遺言」でなく、もっと早くに後継者指名し還俗させていたら。。。
死去するまで短い期間でもいい、剛忠(家兼)が円月(隆信)を後見していた実績があったなら。。。
戦国武将・龍造寺隆信のスタートは違ったものになったかもしれない。
(少なくともスンナリ相続が決まって、クジはない^^;)

「残酷な戦国武将は?」と設問があると、必ず上位にランキングされる龍造寺隆信。
だが、そうならざるを得なかった遠因・要因は、全て剛忠(家兼)にある。
円月(隆信)は、本来なら嫡子であったはずにも関わらず、僧侶になるという通常では考えられない境遇を剛忠(家兼)により強いられた。
武家社会から断絶された11年間の僧侶生活は、人格形成に影響するには十分な長さ。

もし少弐・馬場の陰謀で一族が殺されなければ、万が一の「保険」に出番はない。
宝琳院住職の円月(隆信)は「一門を支える智者」として、その生涯を終えただろう。
一族の主だった者が殺されたため、不自然な相続をしていた歪みが露呈し、全てのツケを還俗した円月(隆信)が清算する羽目になる。
敵に対する「非情」「処分の徹底」は、このツケ後払いの苦労からくる後天的なものじゃないだろうか?とさえ思ってしまう。
シオ談:隆信は剛忠(家兼)を恨んでいいと思うの(´・д・`)

人物・剛忠小 剛忠(家兼)イメージ「後継者に指名はした。後は自分でヤレ」

剛忠(家兼)への苦情はさておき、冒頭の石井兼清だ。
彼は石井家の5男坊(といっても、たぶん壮年)。

石井家に関しては。【鎌倉以来・頼れる味方】で紹介した。
肥前千葉氏の被官だった石井家は、同じく肥前千葉の被官だった龍造寺配下になった。
いわば下請けから孫請けになるようなものだが、石井家で龍造寺を強くプッシュしたのが、この兼清だった。

石井家という味方を龍造寺サイドに引き入れた兼清は、その功績により亡き剛忠(家兼)諱から「兼」の偏諱を受けている。
石井家は実に頼もしい家だ。
剛忠(家兼)が筑後から肥前へ復帰する時に、川副・与賀の豪族衆を説得し迎えに参集させたのは石井家です。

石井家・・・特に石井兼清は剛忠(家兼)の遺言を全面的に支持。
前回のクジも兼清が仕込んで・・・(._+ )☆\(-.-メ)コラッ!
兼清は、円月(隆信)還俗のための儀式一切を取り仕切ったんです^-^

冒頭より続き・・その子息・大隅守が寝間を休所へ取構えて、先ず鰹を進め、加瀬(嘉瀬)町から彦寿という女を宿直に召し置いて還俗させてから、水ヶ江城へ入れた。

シオ的推測なんですが、還俗の儀式って、ぶっちゃけ即席で「破戒」させる事だと思うんです。
(魔王が焼き討ちした某●●山は参照不可)
精進料理生活だった僧侶に魚肉を食べさせ、女人を・・・川* ̄д ̄*川ポッ 

彦寿って女性のことは判りませんが、つまり情景としては↓
襖を開けて次の間を見ると、布団が敷かれて枕が二つ並んでる~~的な感じ (*´pq`)キャ
既成事実がなくても、そういう意味合いじゃないかなぁ~と思うんです。

家紋・竜造寺 龍造寺家紋ロゴ

ちなみに自分は「既成事実あり」と推測してます。
というのも武将なら円月(隆信)18歳は、結婚し早ければ子供がいても不思議じゃない年齢だからです。
通常の良家武家子弟は、乳母や守役のジィからソッチの手ほどきを受けます。( ̄ω ̄A;アセアセ
ですが僧侶だった円月(隆信)には、そんな指南?はありません。
てか、僧侶になる時に乳母は御役御免だろうし、守役のジィも選出されてない。。ショボーン..._φ(・ω・` )

武家の嗜みの一つである「衆道」は無問題。
もともと衆道のルーツは女人との接触がない僧侶社会です。
だからソッチのほうは、バッチリ経験済。

むしろ僧侶時代の戒律や道徳的縛りや稚児(衆道)経験で、女人がダメ・・何てことになったら困る^^;;
某大内さんみたいに衆道ドップリで、子作りへのノリがイマイチでも困る^^;;
乳母や守役がいない円月(隆信)のために、適当な女性を用意して即席レクチャーしたんじゃないかなぁ~
と大真面目に考察してました(´・д・`)

相続当初、いわゆる「股肱の臣」がいなかった円月(隆信)は、当主としては孤独な状態。
この石井兼清が、円月にとって最初の「信頼できる家臣」となったのです。^-^

還俗した円月は西千葉の胤連から偏諱を受けて、名を胤信と改めました。
これが戦国武将・龍造寺隆信のスタートです^^/
龍造寺隆信「誕」の巻、完結~次回より新章~それは・またの話 by^-^sio
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

初心者の株さま 初めまして^-^
コメントありがとうございました。

No title

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。

Re: No title

信長的印象・・・実際のところは判らないです( ̄ω ̄A;アセアセ
後世で隆信を知ってる人は、そういうイメージの方が圧倒的に多いと思います。

カッチン様が、どう思うかは今後の記事で判断してね(^ -)---☆Wink

No title

龍造寺隆信がそんなに残酷な武将だとは、知りませんでした。残酷というのは、家臣に恐怖を与える信長の様な存在でしょうか?

w村ポチ。v-221
プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
822位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
120位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR