FC2ブログ

【アウェーとオーディエンス】地図から見た少弐と龍造寺・九

龍造寺排除を決意した少弐冬尚は、龍造寺に偽りの有馬討伐を命じる。
大内軍名将・陶興房に華麗な連勝記録を出した龍造寺だが、相手が有馬だと家兼の代では一度も勝利したことはない。
陶興房にとって、田手畷はアウェー(敵地)でした。
同じように、龍造寺勢が有馬と戦った藤津は、龍造寺勢にとってのアウェーなんです。
地図・肥前全体

佐賀県藤津郡で、この地図だと多良岳から有明海に面した地域。有馬勢力エリアです。
とうぜんオーディエンス(地元領民)に対しても油断できません。

アウェーで勝利を治めるには、オーディエンスも心が折れるほどの大軍で圧倒しなければ難しい。
少なくとも1~2万の兵力が必要で、当時の龍造寺には未だ無理です。
それでも戦わなきゃならないのは、小城郡・佐賀郡の国人領主にとって、有馬の脅威が現実のものだからです。

少弐冬尚はメイン拠点が神埼郡なので、有馬の脅威にピンときてなかったんじゃないでしょうか。
そして少弐が肥前に土着しなかったのは、良くも悪くも少弐を支援する一門衆が主家をガッチリガードしてたのが大きいでしょう。
少弐冬尚は幼少期から「大宰府が本貫地」「肥前にいるのは一時のこと、大宰府に還るのが本筋」
と繰り返し繰り返し刷り込まれていたはずです。
少弐冬尚の脳内には、まだ見ぬ大宰府に少弐の旗印がはためく姿だけがあり、肥前を故郷・故地という感覚は薄かったと思う。
肥前を愛し肥前の民を慈しむ心があれば、龍造寺(地元勢力)潰しに、有馬(地元の敵)を招きよせるという愚かな事は思いつきません(´;ω;`)ウッ

家紋・少弐 少弐家紋ロゴ

これは少弐冬尚を補佐した馬場頼周の器量の限界もあります。
有馬と組むことの影響性を配慮するだけの大局観が、気の毒ですが馬場には欠落してるんです ショボーン..._φ(・ω・` )

水ケ江城を囲んだのは、有馬、松浦勢、少弐を含め19勢で兵数およそ2~3万。
予想外の裏切りに剛忠(家兼)も驚いたが、与賀オーディエンス(領民)は更に驚いた事だろう。

前節でオーディエンスの心を折るには、最低でも1~2万の兵力と記しました。
与賀領民も水ケ江を囲んだ2~3万の兵力を前に心が折れたでつ(´;ω;`)ウッ
何度も言ってるが、水ケ江城は与賀郷の数百メートル近所。
与賀領民は、自分の殿さまだと思っていた少弐が、仲良く?敵の有馬と馬を揃えて行軍する姿を目の当たりにしたんです。

これも何度も言ってますが、与賀郷は鎌倉時代に少弐氏が地頭だった土地です。
鎌倉で九州といったら元寇。
少弐氏は大陸から来た侵略者と勇敢に戦った英雄。
与賀の領民たちは、少弐の活躍を源平合戦を語るように語ってたはずです。
そういう慣習が途切れてたとしても、あとから与賀に来た少弐政資が少弐の栄光アピールしてるはず。
さらに鎮護宮・与賀神社も立派に荘厳し、開拓開墾開港への大量資本投入です。

衰退した少弐は与賀を離れてしまったので、現実的対応として近所の龍造寺を頼る事にした。
でもだからといって与賀郷の人々は、少弐ファンであることを止めてなかったでしょう。
少弐を偲ぶ与賀城が残ってるんですから。

これは仮定で、まず無理な話ですが、少弐が大宰府を諦め与賀の小領主として腰を据えたら、喜んで与賀郷の人々は少弐氏を受け入れ守り続けたと思います。
それほどのテコ入れを、少弐は業績として与賀郷に残したからです。

だが、敵の敵は味方になることはあっても、敵と組んだ味方は敵にしかなりません。
与賀が思うほど少弐冬尚は与賀を思っていない。
大宰府奪還までの仮の宿扱いなのだ・・・と、与賀領民は最も最悪な形で思い知らされた。

家紋・肥前千葉 肥前千葉家紋ロゴ

少弐冬尚は更に与賀の人々を失望させました。
剛忠(家兼)を筑後へ追いやった後、少弐冬尚は与賀城には見向きもせずに、小城郡牛頭山城に入ってしまったからです。
与賀城のことを忘れてたんじゃ・・・(._+ )☆\(-.-メ)オイオイ

小城郡牛頭山城~現代における全国的知名度は、あんまり高いとは言えないでしょう。
牛頭山城を喩えるなら「大友における府内」「北条における小田原城」「甲斐武田家の躑躅ヶ館」
てな感じで「肥前国における王都」という感じでした。

自ら輝くだけの力がない月(少弐)は、肥前へ号令かけるために太陽(牛頭山城)の権威を必要としてたんです。
不味かったのは、その手段として有馬と組んで牛頭山城の本来の主である西千葉当主との同盟を反故にし、西千葉当主を小城郡から追い出した事です( ̄ω ̄A;アセアセ
これで少弐冬尚は小城郡オーディエンスを、完全に敵に回しちゃいました( ̄ω ̄A;アセアセ

西千葉当主が剛忠(家兼)と連携組んでリベンジに立ち上がった時、小城郡領民は手に手に鍬鍬を持って加勢し、共に少弐勢&馬場頼周を小城郡から追い出してます。

剛忠(家兼)が筑後一つ木から肥前へと戻った時、飯盛城の石井氏が周辺豪族を集めて龍造寺勢を受け入れました。
その時、川副・与賀のオーディエンス(領民)たちも、こぞって龍造寺勢を出迎えに沿岸に集ったと言われています。
剛忠(家兼)の死後、後継者となった龍造寺隆信は、与賀から少弐の色を完全に落とすため、更に布石を打つのだが、それは・またの話 by^-^sio
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
822位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
120位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR