FC2ブログ

秋月種実8【秋月滅亡?!・前篇】

秋月家が大蔵系氏族で、それに関する事はプロローグで縷々と書いてるので割愛(笑
少弐が一番輝いていた鎌倉期も割愛(爆

で、室町期~~秋月家は少弐氏の配下でした。
が、少弐が没落したので大内配下にシフトチェンジします。

シフトチェンジは、年代で言うと永享年間の少弐没落だったと思います。
1433年(永享5年)に少弐満貞が、大内軍に敗れて筑前秋月城で戦死しています。
残った嘉頼(後に病死)と教頼が、対馬宗氏に保護されました。

1532年に大内・陶勢が肥前に侵攻した時に、大内配下だったはずの秋月が陶勢に攻撃されてるんですが、理由はシオペディアでは不明です。

秋月家は、普通の国人領主とは少し違っていたようです。
独立心が旺盛で、視野も広い。

1538年、大友義鑑と大内義隆が和睦するのですが、和睦調印は秋月の地で執り行われたそうなんです。
サイト「武家家伝」によると、大物が適地として上目線で秋月を選んだのではなく、秋月自身が働きかけ周旋に努めたとのこと。

時の秋月当主は文種。
秋月種実の父です。
1541年、秋月文種は「和睦で功績あり」と大内義隆の推挙を受けて、幕臣の一人となってます。
なんというか・・・やはり戦国大名化する国人領主は、先代のうちからアップを始めてるんだなぁ~と感じました。

家紋・秋月 秋月家紋ロゴ

大友義鑑は、大内と和睦後、大内から割譲された領地を足掛かりに、筑前で勢力を広げ始めていたようです。
1546年、秋月文種は大友に対し謀反を起こして敗れています。

大友家の「立花城~宝満山城~岩屋城」の軍事連携した防衛ラインは、秋月にとって文種の代から悩みの種だったんじゃないでしょうか。
大友家は国人に対し、キッチリ締めてくるタイプ。
秋月文種は、大内家よりアタリの強い大友の支配を嫌ってたと思います。

1551年「大寧寺の変」で大内義隆が死亡。 ガ━━━(゚ロ゚;)━━ン!!
秋月文種・・・気が進まない大友配下入り。。。il||li _| ̄|○ il||l

1557年、毛利元就が陶の置き土産である傀儡政権を倒し、首都・山口を制圧する。
毛利元就は文種に誘いをかけた。
元就(*´∀`)ノ「ヤホーイ、うちくる?」
秋月文種は毛利元就の誘いを受けて、大友氏から独立することを決意(`・ω・´)キリッ

1557年(弘治3)5月、秋月の離反を知り、怒った大友義鎮は毛利元就に手紙を書いた。
大友から元就への手紙
「前略(怒!)大友から離反した秋月文種を攻撃するから!今後一切、秋月への支援とか止めてよね!草々(怒!)」

人物・大友宗麟

主役の秋月種実は文種の次男で幼名は黒法師。

1548年(天文17・月日不明)生まれで、実は高橋紹運と同い年。
年齢には諸説あるんですが、個人的に紹運と同い年がツボなんで天文17年説を採択^^b

種実は、この時まだ9歳。
生まれ育った故郷の山河と城が大友軍によって攻撃を受ける。

ちなみに毛利元就は、同年の11月25日に「三本の矢」の元ネタになった「教訓状14か条」を息子たちに送るのだが、それは・またの話 by^-^sio
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
563位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
103位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR