FC2ブログ

【本城奪還!】龍造寺隆信「叛」の巻6

八幡宮の信託・・・もとい神託で「いつやるのか、今でしょ(超意訳」と出たので出陣することになった隆信勢。
(以下大文字は北肥戦誌より抜粋)
このとき高木鑑房が攻めてくるとの風聞があり、隆信は軍勢の半分を佐嘉・蓮池へ廻し、残りで高木勢を攻め崩す様に命じる。

佐嘉の城は小田政光が守り、神代勝利、高木能登守鑑房が交替で飯盛城を守っていたのだが、そこを隆信勢は息もつかせず攻め立てる。

そこへ風聞通りに高木勢1,300が現れるが、討ち負けて若村へ退散した。
八戸宗暘も若村へ出陣したが、これを討ち負かし、高木勢は精町へ追い詰められ自領へ退散、八戸も八戸城へ退いた。

若村・位置データ:・・・不明il||li _| ̄|○ il||l
精町・位置データ:佐賀県佐賀市精(しらげ)町

村中(佐賀)城、水ケ江城から400mほど西です。

そして飯盛の神代勢も討ち負けて八戸宗暘の八戸(やえ)城へ逃れた。
隆信は梅林庵に陣を移し評定を開き、まずは八戸城を攻める結論に至る。
梅林庵(寺)位置データ:佐賀県佐賀市本庄町大字本庄西川内377
実は梅林寺は二つありますΣ(´Д`;) うあ゙
なので進軍コース&精町に近い方をチョイスしました^^;

本庄って事は、隆信勢は鍋島エリアまで来ました♪ヽ(*´∀`)ノ

地図・東肥前


8月8日、小河武純、納富信景、福地信重らが(八戸城へ)攻め進んだ。
(飯盛から)逃れた神代は(八戸城の)本丸を守り、二の丸は伊東・諸熊・光岡ら数百騎を向かわせてこれを防ぐ。
城兵多く討ち死にし、城戸口が破られんとしたとき、神代より和を請うて来た。

八戸・神代は隆信へ面褐し、城を開け渡して山内へ退いて行った。
宗暘は龍造寺家より奪った領地を返還し、八戸城へと戻された。

こうして初期の頃の隆信を見てると、けっこう裏切り者を許したり降伏を受け入れたりしてます。
でないと隆信自身がヤバいから、っていうのもあると思います。

隆信は敵の瑞城7つを攻めると、佐嘉(村中)城を守っていた小田政光は蓮池城へ退いた為、隆信は即座に佐嘉(村中)城へと入った。

ついに本城を奪い返した龍造寺隆信。
だが追撃は更に続くのだが、それは・またの話 by^-^sio
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

ん?そうなんですか?

まだ北肥戦誌を読み進んでないので、ちょっと判らないです。

No title

神代(くましろ)は鍋島直茂の時もかなり手こずったようですね。
島原はこうじろ。
プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
822位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
120位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR