FC2ブログ

秋月種実14【討伐軍大将】謀反ノススメ・参【田北鑑生】

大友用語早わかり集
【同紋衆/どうもんしゅう】
大友家の一門&譜代家臣から構成されるエリート集団。
大友家の家紋使用を許可された事から「同紋」衆と呼ばれた。
ちなみに大友家の家紋を使用するって、当時は超ステイタスだったらしい。
【他姓衆/たじょうしゅう】
要するに外様で、国人領主たちです^^/
【加判衆/かばんしゅう】
大臣。江戸幕府風に言うと「老中」みたいなもん~但し大老のような非常時独裁権はないです。
【方分/ほうぶんorかたわけ】
研究者によって解釈が違うらしいが、ザックリだと「守護代」みたいなもん。


大友義鎮が討伐軍大将に選んだ同紋衆は、田北大和守鑑生。(※田北氏は譜代家臣)
1559年当時、田北は「筑後方分」の地位にある。
田北を選んだのは筑後衆を率いるのに都合が良い・・・だけでなくVS秋月のエキスパートだからです。

家紋・大友 大友家紋ロゴ

田北鑑生の生年が不明なのだが、推定で40代後半から50代前半。
諱に「鑑」の文字があることから判るように、大友義鎮の父・大友義鑑の代からの家臣だ。
単なる家臣ではなく、即金・・・もとい側近だったらしい。

「二階崩れの変(大友義鑑が襲われ、後に死亡)」による大友内部の政変を生き残るだけでなく、
大友義鎮の代で加判衆に任命され、さらには加判衆筆頭に位置するほど有能だったようだ。
その輝かしい職歴(戦績)で、最も光彩を放つのが「勢場ケ原の戦い(1534年4月6日)」における功績だ。

(諸情勢の経緯は相良編と龍造寺編で紹介してます)
亡き大内義隆が名将・陶興房に兵3000を託して、豊前から豊後に侵攻させた。
大友側総大将は、この時が初陣で血気に逸り先陣切って突撃し、陶勢に討たれてしまう。

総大将討死でパニックになった大友本陣を立て直したのが、田北鑑生(=^・ω・^=)v ブイ
田北は本陣の兵を自軍に回収するだけでなく「総大将の弔い合戦」と兵を鼓舞し、陶興房に決戦を挑んだ。
それが「勢場ケ原の戦い」です。
結果、陶勢の副将が討死、陶興房も負傷し周防への撤退を余儀なくされる。

筑後と肥後が不安定な上に、本国を脅かされた事で大友義鑑は北九州に介入するのを諦め、大内と和睦した。
この和睦で筑前の一部が大内から大友に割譲されまして、そこを足掛かりに大友は改めてジンワリ地道に勢力を広げるんです。

田北の活躍がなければ、大内と大友の和睦条件は相当不利に・・・
いや、それ以前に各地国人が大内に鞍替えて大友に反旗翻したかも( ̄ω ̄A;アセアセ

家紋・秋月 秋月家紋ロゴ

大友家臣でVS秋月というと、戸次道雪と高橋紹運が有名すぎて他が霞んでます^^;
その「霞んだ他」が、田北鑑生です^^;
1557年に秋月討伐で出陣した大友本軍は、道雪もいたけど田北鑑生もいました(臼杵も)
この秋月討伐時の功績で田北は「筑後方分」に任命されたの^^b

1559年の筑紫・秋月討伐で出陣した田北鑑生。
シオ的推定兵力は6千~1万、それは・またの話 by^-^sio
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
779位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
122位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR