FC2ブログ

【はじめに】江上表・八院合戦編1栞84


先日のヒストリア・立花千代では、華麗に全スルーされた鎮西無双・立花宗茂の活躍

そのなかで白眉ともいえる「江上表・八院合戦」を章を新たにスタートします

立花VS鍋島~果たして生き残るのはどっちだ?

黒田如水・加藤清正も登場する豪華ラインナップお送り致します^^/


さて、天下分け目の大戦・美濃「関が原の戦い」は、1600年9月15日に東軍・徳川家康の勝利で終わりました。

ですが西軍が挙兵したのは7月17日ですので、約2ヶ月の間、全国各地で前哨戦が起きています。

北陸戦線~前田軍(東軍)VS丹羽軍(西軍)

伊勢戦線~あちこちで西軍と東軍が激突

伊予戦線~というほどかな?地味に水軍が動いてます

田辺城(東軍)攻防戦~西軍が攻撃して、あしかけ二ヶ月に渡る籠城戦

でもって管理人が記事にしたのが、立花軍が参加した大津城攻防戦と九州各地での戦闘です。

九州でも記事にしたのは豊後(石垣原の戦い)と筑前(如水混成軍)と肥後(宇土城攻略)です。 
あと残る一つ、日向(宮崎県)での戦闘は、別章でアップの予定です。


で、9月15日の本戦以降は、東軍による西軍の残党狩り、掃討戦になるのです。

これも日本各地であって、落ち着くまで大体二ヶ月ほど要しています。

西軍の総大将・毛利輝元は早々と白旗を掲げ、9月24日には武装解除して大坂城を明け渡してます(早っ!)

ですが西軍の立花宗茂は臨戦態勢のまま、柳川(福岡県)に帰還し、正式に降伏開城していなかったために九州における東軍との戦いが起きます。

それが「江上表・八院(両軍が激突した地名)合戦」です。

戦ったのは西軍の立花宗茂と、東軍の鍋島直茂と勝茂親子で、それに更に東軍の黒田如水軍と加藤清正が絡みます。

各軍、様々な思惑が去来するため「初代藩主編」のカテゴリに治まりきれず、別章とあいなりました^-^


鍋島家紋

鍋島家と名目だけの主君・竜造寺家との関係は、佐賀藩初代藩主編で記事にしましたが、それ以外でも鍋島家自体の家督相続が迷走してました。

というのは、当主の直茂に子供が出来なかったからです。

そのために一度離婚し再婚してるのですが、ラブラブの二度目の妻とも子供が出来ない。

さすがに諦めかけて親族から養子を迎えたのが、茂里(しげさと~茂の字は直茂から)です。

この茂里、鍋島直茂が一時跡取りにしただけあって、すんごい優秀。

どれくらい優秀かというと、鍋島軍全ての作戦・陣立てをし、さらに先鋒軍も担当していた程です。

やっと嫡男の勝茂が生まれ、養子から家臣に戻る茂里ですが、多年の功績によって「鍋島姓」を与えられます。

つ~ことで、この江上表・八院合戦でも、鍋島茂里が鍋島軍の作戦と陣立て全てを決めています^^

偉大な父・直茂と、自分より遥かに優秀な元養子~上からのプレッシャーで、いつも必死だった嫡男の勝茂。

関が原の戦い以後、これに更に優秀な弟による、下からのプレッシャーが加わる^^;;

佐賀藩初代藩主編で詳細は記事にしたけど、要するに鍋島は「本音は東軍」で、そのために家康にも事前に接触してたの。

でも色々あって、なりゆきで勝茂クンは西軍で頑張ってしまった _| ̄|○ がく

「関が原の戦い」のあと、すぐに徳川家康に必死で謝罪し、許してもらうかわりに「忠義の証として」西軍掃討戦で手柄を立てることを要求されたのです。

勝茂は、亡き「豊臣秀吉の養女」を妻に迎えていたが、関ヶ原の数年後に離婚し「徳川家康の養女と再婚」している。

だが「関が原の戦い」以降に、伊達家や細川家が豊臣に縁が深い嫡男を相続から外し、次男や三男を相続者に変えていることから、

我が鍋島家でも関が原で西軍の勝茂様より、江戸へ人質として出して、徳川に縁が深い次男・忠茂(忠の字は2代将軍秀忠から)様に跡目を譲った方が良いのではないか?ヒソ(*´・д・)(・д・`*)ヒソ


という声が、鍋島家中で何度か上がる。

1613年~勝茂に江戸幕府から正式に「領地宛行状(りょうちあてがいじょう)」が公布されて、やっと跡目問題にケリが付くのです。

鍋島家と竜造寺家にとって、不本意ながら西軍として頑張った過去は、蒸し返して話題にするなど、以ての外の黒歴史で、出来るものなら葬り去りたかった過去なのだ。

鍋島家の存続+嫡男・勝茂の無事な家督相続のために、
ぜっ~~~~~~~~~たっ~~~~~~~~~~~いに!立花宗茂に勝たなければならなかった鍋島軍。

さて次回は迎え撃つ立花軍だ!それは・またの話 by^-^sio

ブログ装飾画像~南洲さま
http://blogs.yahoo.co.jp/yuewannwann
兜、人物イメージ画像~橘朝臣幸麿さま
http://blogs.yahoo.co.jp/cfmjs676
家紋画像~ロンさま
http://blogs.yahoo.co.jp/kabiningen
相互リンク~ばんない様HPアドレス(戦国島津女系図)
http://shimadzuwomen.sengoku-jidai.com
参照先
(しいまんづ雑記旧録←戦国島津女系図の別館です)
URLが弾かれるので貼れません~興味ある方は検索してください^^
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
779位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
122位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR