FC2ブログ

【嬉野氏】西肥前強化月間

ニッポン、チャチャチャ♪ヽ(*´∀`)ノ 嬉野茶♪ヽ(*´∀`)ノ

ではなくて、嬉野氏を勉強ちゅう・・・基礎知識が足りないんで読んでても関連性が・・・自分ガン( ゜д゜)ガレ

嬉野エリアは[勢力拡大した龍造寺][武雄の後藤][有馬]といった3つの勢力の狭間にある要衝地だった。
嬉野氏が、いずれの配下に属するかによって各勢力圏の分布図が変化する。
現代では茶の方で有名だが、戦国時代も何気にキーマンでした。

いろいろスッとばして、元々は「宇礼志野」氏。
「名前(字数)長げーよ!」と漢字を「嬉野」に替えたのは有馬晴純だそうな。
割と時代下がってから嬉野姓になったのね・・・

ルーツの方は白石氏説と四国の河野氏説がある。
そのせいか知らんが、嬉野氏の諱の通字は、河野氏と同じ「通」。
だから諱だけだと被ってる人がいて検索がだな・・・涙目

ちなみに地名の嬉野町も、元々は宇礼志野町だったそうで、戦国時代に地名表記が嬉野町に変化したらしい。
この嬉野町が、そのまま嬉野氏エリアなので姓の漢字改姓と、地名の漢字が変化したのは同時期なんじゃないだろうか。
つまり嬉野氏は全盛期ブイブイだった有馬配下にだったとさ。

てことで日守城も湯野田城も現代の嬉野町にあった。
|ぐーぐるまっぷ|_ ̄)じぃー

あった!
嬉野市嬉野町大字下宿にある西公園が湯野田城址だ!
城があったのは権現山~~~ってあるが、ホントに山認定されてる訳じゃなくジモティ限定の呼称だった。。
どうりで権現山で検索しても山が見つからんはずだ・・・( ̄ω ̄A;アセアセ

土地の方々は「山」って呼んでたそうだが、標高111mほどで実際は、ちょっと高い丘程度。
ここが要害の城・・・か?地形以外のアピールポイントがあったのかな?
後に有馬晴純は、嬉野氏を怒らせてしまい、敵対してた後藤(さらに龍造寺)へと寝返りされてしまいます。
嬉野氏を失うのは大きかっただろうな・・・

訂正、要害は日守城の方だった。
日守城は標高約200mの日守山にあった山城でした。
城としての規模は湯野田城の方が大きかったらしいが、湯野田城より眺望が良かったそうだ(そらそうだ)。
で、この城があった日守山だが・・・・これまたジモティワードil||li _| ̄|○ il||l

平成の現代では地図上の地名表記では残っておらず、ちょっと他県人では判らない。
どうも上岩屋あたりだったらしいが、このあたりダム建設で地形変わってるっぽい^^;
となるとダム建設前の地形を覚えているだろう60代以上のジモティに聞くしかなさそうだ。

一つの町だけで二つもジモティワードがあるなんて・・・ダイジョウブか自分・・・
てか、ちらっと視界に入ったが西肥前側も河川がけっこうあるのね・・・・(やな予感)

まぁいい、とにかく有馬・後藤・龍造寺の三つ巴が激化する中で、
嬉野氏は湯野田城から日守城に移動したらしい。
うん、だいぶイメージ出来てきた^^/



主要人物たちの履歴

嬉野通久(生没年不明)が有馬氏の配下として活躍。
1533年、ちょっかい出して来た後藤貴明をo( ̄Д ̄θ★ケリッ!

喜んだ有馬晴純が五百三十町の土地を与えて湯野田城主とした(湯野田が本格築城されたのはこの時)
更に名前を「嬉野」に替えたのも、この時でした。
領地を貰った事で「嬉」文字チョイスらしい。

数十年もの間、有馬配下として尽して、有馬晴純の信頼も厚かったのだが「親しき仲にも礼儀あり」
有馬はウッカリ最悪KYして嬉野通久を激怒させる。

1573年、後藤家内部でゴタゴタがあり後藤配下だった藤津一党が有馬氏へと帰順した。
喜んだ有馬晴純は、既に嬉野通久に与えていた領地の一部割譲し藤津一党に与えてしまう。

これに激怒した嬉野通久は後藤に寝返った。
ちなみに通久の嫡男・直通は、過去の後藤との戦で戦死しており、通久は龍造寺が台頭すると後藤から更に龍造寺へとシフトチェンジする。

通久の正確な没年は不明なのだが、龍造寺の藤津侵攻前に湯野田城で病没してたらしい。
家督は通久の嫡孫・通直が継ぐ。

嬉野通直(通久の嫡孫)が、後藤から龍造寺に寝返ったのがウィキペディアだと1574年とあるので、
通久の病没は1573年~1574年の間かもしれないです。

治乱記だと龍造寺寝返り時点では、越後守直通が存命してた事になってる。
でもって龍造寺に寝返ったのは、横沢城合戦(1576年)で合戦半ばだったらしい。
寝返ったのは宇礼志野(嬉野)越後守直通、同名陸奥守(淡路守?)通益、同子息与右衛門尉、同名大和守の四名。
最初から龍造寺に内通してたのが直通(通直パパ)の実弟にあたる、陸奥守通益親子。
(陸奥守通益は蓮池嬉野氏の祖)

通直(通久の嫡孫)は激動の時代を生き残るのだが「朝鮮の役」で弟と共に戦没し、家督は通久からみて嫡曾孫にあたる盛通が継いだ。

嬉野氏所縁の墓所があるのが宗運寺(嬉野市嬉野町岩屋川内コウ−1554)
開基は小城嬉野氏の祖で直通(通直パパ)の末弟である通純。
小城嬉野氏は、鍋島直茂が孫である元茂につけた83人衆の一人だったのが始まり。
元茂が小城に入るにあたって、そのまま随行した。




てことで嬉野氏は、無事に佐賀藩士として系譜を残すことに成功しました(=^・ω・^=)v ブイ

しっかし直通(パパ)と通直(息子)の諱が、ミラー諱でクラクラしてきそうだ・・
てか越後守直通は後藤との戦で死んでたんじゃないのか?
ジジ通久・パパ直通の没年が明確じゃないので、読んでる自分も混乱する~
まぁ、そのあたりは北肥戦誌と擦り合わせて行きます( ̄ω ̄A;アセアセ

宗運寺があったあたりがジモティ曰くの上岩屋でして、ダム建設と町村合併の絡みか、地名が一部統廃合されてるようだ。
上岩屋の名称自体は残ってるので他県人には判りづらく、日守城の場所は大雑把に宗運寺を目印にするしかなさそう。

よっしゃ~~~チャージ完了(=^・ω・^=)v ブイ
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
490位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
92位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR