FC2ブログ

【リサーチ】馬渡(もうたい)氏【2武家目】西肥前強化月間

馬だけどモウ・・・・(._+ )☆\(-.-メ)ヤメナサイネ

難しいのは後回しとも言うが、初めに有馬だ後藤だ~と張り切ってもワカランチンなので、周辺から調べてます。
どの時点、どの武家、どの地域がキーになるのか、ヒーリング,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!
(なんか広告でやたら目につくんだが・・・)

ところでシオが肥前戦国史を扱うにあたり基本ベースにしている北肥戦誌なんですが、
江戸期に編纂した人物が佐賀藩士・馬渡俊継なんです。
「俊」の文字は馬渡氏の通字なので、おそらく子孫だと思います^-^



まずは脳内整理を兼ねて順番にルーツから___φ(.. ) カキカキ

馬渡氏発祥は美濃国馬渡庄城主の源義俊が家祖になります。
本姓は清和源氏なんですが、もともとは坂上姓田村氏の後裔で、源満仲の養子になることで本姓を源氏と称するようになったそうです。
まぁ、このへんは突っ込み不可です。

馬渡という地名は滋賀県にもあるので、大元を辿れば同族か、何か所縁があるかもしれません。
ちなみに馬渡・・・という呼称自体は放馬地の事です^-^
とにかく美濃在住前後は本馬八郎義俊という名乗りでした。

それが延暦寺の僧兵がらみで冤罪を蒙り左遷されたので、肥前松浦党を頼って土着しました。
初めに訪れたのが玄界灘に浮かぶ島(佐賀県唐津市鎮西町)。
ルーツ義俊は、島の名前を馬渡島に改め、自分の姓も曾て領地だった馬渡に改めたそうです。

平成の現代は釣りスポット(=^・ω・^=)v ブイ
島の呼称の由来としては、馬の放牧地(馬渡)だったからだって説もあります^-^b
その後は波多氏のツテで島を離れて武雄の川古へと移住しました。



おそらく現代の佐賀県で武雄市で川古というと咄嗟に浮かぶのは大楠ではないでしょうか。
樹齢3000年。日本でも全国第5位の大きさです。
馬渡氏も、この川古大楠の姿を仰いだ事でしょう。

全然関係ないけど馬渡さんとこの諱って、現代の命名でもありそう(爆
で、馬渡氏で最も知名度があるのが馬渡甲斐守俊明です。法名は秀岩。
後藤氏との戦いで敗れて、鳥坂峠(現:戸坂峠)で戦死しました。
川古領は後藤氏がゲッツ~これで馬渡氏は一族離散となります。( ̄ω ̄A;アセアセ

秀岩が戦死したのは1533年説と1566年説があるんですが、個人的には1533年説支持です^^/
というのも秀岩の没年がバッチリ刻まれた供養塔(石造宝篋印塔)が残ってるからなんです。
おそらく1533年説の根拠も、その供養塔の存在でしょう。

場所は武雄市若木町大字川古の秀岩寺です。
寺号は甲斐守俊明の法号に因んでおり、開基も秀岩の菩提を弔う為に、その妻が建てた庵が起源です。
妻の供養塔と思われる物が、秀岩の供養塔の隣にあるんですが、その基礎には1558年と刻まれてます。



秀岩の戦死で離散した一族の中に龍造寺に仕えた一派がいました。
七郎次郎義者の系譜ですが、秀岩の叔父説と兄弟説の2パターンがあります。
ただ、いきなり龍造寺隆信に仕えたのではなく、初めは宗家だった村中龍造寺に仕官。

胤久⇒胤栄⇒隆信って流れで^^b
胤久の没年は1539年なので、秀岩の戦死&一族離散がキッカケで仕えたのなら、やはり1533年戦死説が自然なように思います。

龍造寺サイドとして北肥戦誌(1562年)に登場するのが、馬渡俊光。
WEBにある馬渡系図には同名の人物は探せませんでした。
ですが、龍造寺家臣団の中には名前があり、領地も102町(or120町)とあるので実在の人物なのは確かだったようです。
他に秀岩の叔父(or兄弟)系列の馬渡姓の者が4名、龍造寺家臣団リストに登録されてます。
北肥戦誌を編纂した馬渡俊継が、上記5名のうち誰の子孫なのかはシオレベルでは判りません( ̄ω ̄A;アセアセ



一方、馬渡氏嫡流ですが川古を失ったら大貧民~~~
ではなくて、芦原と白石にも領地があり、そこでガン( ゜д゜)ガレ
現代ですと芦原は武雄市の北方町、朝日町、橘町に跨ってますが、馬渡エリアは北方町側の芦原です。
白石町は杵島郡・・・判り易く言うと六角川流域でして、ガチで龍造寺(もしくは肥前千葉)VS有馬の最前線。

そして白石町に領地があったことで馬渡氏嫡流は、白石にあった須古城主・平井氏と繋がりが出来ます。
もともと馬渡氏は波多氏を頼って肥前に土着しました。
その波多氏には有馬から養子が入ってるし、須古の平井は有馬配下です。
そこで《有馬--平井&波多--馬渡嫡流》という有馬サイド・防衛ラインが出来たんです。

この「有馬~平井~馬渡ライン」は、繋がりが強固で、龍造寺隆信も一度では攻略出来てません。
当主は秀岩の息子・俊兼。
・1564年、俊兼の嫡男の元服では有馬義純が加冠役でして「直勝」という諱を与えています。
・1571年、直勝の弟(俊兼次男)が元服し、この時は須古城主・平井経治から「治」の文字を偏諱されて「治俊」という諱を名乗ってます。
須古城が龍造寺によって落城した時に、馬渡直勝、治俊兄弟は平戸松浦氏を頼って落ち延びてます。

てことで、リサーチ3武家目は、有馬サイドの六角川ライン守護者・須古の平井です~~



おまけ(^ -)---☆Wink

実は馬渡一族の中で秋田に慰霊碑がある人がいます。
名前は馬渡栄助、身分は足軽だったそうで、俊の通字がないのを見ると庶流・親族かな?
遠い秋田で戦死した理由は、戊辰戦争。

昭和になってから、寒い北国で秋田を守る為に死んだ佐賀藩士が気の毒だと、佐賀県での遺族捜しが始まり~
(色々省略)関連委員会が発足され佐賀県側と連携~慰霊祭などが行われ、馬渡栄助の遺骨は119年ぶりに故郷の佐賀県へと帰る事が出来たそうです。
見つかった遺族の方によって、佐賀藩士馬渡一族の菩提寺である正法寺に納められました。

秋田には馬渡栄助以外にも戦死した佐賀藩士がいるので、彼らを慰霊する葉隠墓苑があります。
戦国とは離れますが、こういう話ってやっぱ日本人だな~と気持ちがホッコリしたんで小話挿入してみました^^
詳細を知りたい方は「葉隠墓苑物語」で検索してみてください(^ -)---☆Wink
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

初めまして。

申し訳ありません。自分のミスかもです。
史料的な裏付けがとれてる訳ではありません。

鳥坂は現代では戸坂なのに、鳥坂のままで探してしまいグーグル検索でHITした地名なんです。
ではコメントされた場所か・・・と言われると、それも自分では確信が持てません。

いかんせん。北海道在住なために現地の土地勘が全くないんです。
いずれにせよ、少なくとも自分の記事内の地名は不適当ですので、その部分は消します。

言われるまで間違った方向で調べていたことに気づいてませんでした。
御教示ありがとうございます。

またご質問に対する適切な回答が出来なかった事をお詫び申し上げます。



No title


全然、歴史は詳しくないですけど、気になったもので。
コメントします、すみません。

「馬渡氏で最も知名度があるのが馬渡甲斐守俊明です。法名は秀岩。後藤氏との戦いで敗れて、鳥坂峠(嬉野市塩田町谷所)で戦死しました。」とありますけど、

両家の間で戦があった鳥坂峠は本当に嬉野市塩田ですか?
若木町川古(馬渡)と武雄(後藤)の中間、現在の繁昌ダムより北に戸坂という峠があります、私的には此方の戸坂峠(現在の呼び方)が合戦場だと思うのですが・・・。どうでしょう?

小城砥川など領有していた事から、
平井氏などの領地を通れば迂回も出来るでしょうし、
落ち延びるにしても馬渡氏の歴史的に波多氏を頼るでしょうし、

どうでしょう、もし嬉野塩田である理由もしくは文献等教えていただけないでしょうか?

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
387位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
79位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR