FC2ブログ

【肥前後藤氏・六~貴明ー3~】

1560年8月、有馬勢3千が潮見城を攻撃。
渋江勢は数百人だったが、鉄砲を駆使して良く防戦していた。

そんな最中、潮見明神が不思議な神託を出した。
城内にある鉄砲で人を殺すことは当域の穢れであり、急ぎ鉄砲を城外に運び出せ、敵がくれば神力をもって退治する
と戦の真っ最中に、時代の流れに逆らう保守的な神託に、
若い世代の公重?(。_゜)?と公師?(。_゜)?

いや、いかに累代大事にしてる明神の神託でも、これは従えないとクレームを入れると、
父の公親が「ゴルァ!!!(# ゚Д゚)・;'.明神さまの神託にクレームとは何事かぁ」と息子たちを叱った。
パパ公親は「本貫地の長島に戻れたのは、これひとえに(後藤の力だなんて認めない)明神さまの御庇護の賜物!(-人-)☆彡」
「御神託に従え!それ運ぶのじゃ」と鉄砲を城外に運び出してしまった。(出典:橘家渋江由来記)

これが有馬の謀略だった・・・
累代の庇護者であっても支配力が衰えちゃうと、巫女さんも敵に買収されちゃうのネー(*´・д・)(・д・`*)ネー
巫女の神託は真っ赤な偽物だったんです。

同年9月21日、謀略に公親が引っかかったのを知るや否や、有馬は潮見城攻撃開始。
有馬勢の猛攻撃で鉄砲のない渋江は押され、公重が討死。城は落城する。
急報を受けた後藤貴明が出陣し直ちに奪い返したが、渋江親子は貴明の怒りを恐れて出奔してしまったとさ^^;

同年12月、後藤貴明は肥前須古城(有馬サイド)を攻撃して失敗
打倒・大村純忠の為には、大村のバックにいる有馬とも敵対する事になります。
後藤勢も肥前須古城周囲の湿地帯に苦戦したかな?

1561年(永禄4)、塩田(嬉野市塩田町)の塩吹城を攻め、領主・原直景(有馬サイド)を降伏させる
1562年(永禄5)4月、手が回らなかったのか、後藤は公師を帰参させ潮見城を守らせた。
偽神託に引っかかったのはパパ公親で、息子の公師は反対してたからネー(*´・д・)(・д・`*)ネー
城は元々の持ち主に守らせるのが一番。住民感情も害さずにすみます(^ -)---☆Wink

同じく1562年(永禄5)後藤貴明に長男・晴明が産まれる
ほらネー(*´・д・)(・д・`*)ネー

これだけでも揉めそうなところへトドメ。
1563年(永禄6)平戸の松浦隆信が、宗家である相神浦松浦氏を攻撃開始
人物・松浦隆信(平戸・松浦隆信イメージ画像)

平戸松浦の宗家攻撃開始が、こんなに早いとは貴明(養父)も惟明(養子)も思わなかっただろう。
これには複数の要因が重なってます。
1)1562年(or1563年)龍造寺VS有馬の激突で、有馬が負けちゃった事⇒すぐ他方面への軍行動不可。
2)松浦党の波多氏が家督を巡る御家騒動で、宗家と平戸の対立どころじゃなくりフォロー不可。
3)長年、宗家・相神浦松浦を支えていた少弐氏が、龍造寺によって滅ぼされた。


松浦関連データを集めてて、少弐が松浦党では「宗家押し(少弐氏から嫁を迎えて縁戚関係)」だったのを、最近になって知りました^^;
その為、平戸松浦氏は少弐政資から討伐されたり(平戸は一時、筑前⇒山口に亡命)、
少弐資元の奔走で、平戸松浦は(しぶしぶ)宗家と和睦したりしてたんです。

こうした要因が重なり、平戸松浦が宗家を攻撃しても、宗家を援ける為に直ぐ動ける勢力がいなくなりました。
宗家は数年間抵抗を続けますが、他から邪魔がなければ、平戸松浦だけで充分。
平戸松浦には、改まって後藤の力を借りる必要がなくなり、貴明嫡男誕生もあいまって、惟明の後藤家における立場が弱まってしまう。

皮肉にも貴明は、実父である大村純前と同じような状況を招いてしまった。
我が子・晴明に自分と同じ思いをさせてなるものか・・・!
次第に後藤貴明と養子・惟明の関係が、ギクシャクし始める。

この間(1562年~1563年)、貴明は豊後のキング・大友宗麟に秘かに書簡を送り、翌年、同盟を結んでいる。
活発に動く後藤貴明の目的は、打倒・大村純忠であり、大村の家督を乗っ取った打倒・有馬だった。
それが実行に移されたのが、1563年だったのだが、それは・またの話 by^-^sio
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 馬場さま

遅くなって失礼しました。

調べましたが、そこまで詳しい資料が手元にありませんでした。

お役に立てず申し訳ありません。

No title

武雄の後藤貴明が攻めた塩田の原直景の生い立ちとその後を教えてください
プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
565位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
101位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR