FC2ブログ

【肥前後藤氏・六~貴明ー4~】

ひ~~~
松浦と波多と渋江と後藤の点在するデータを時系列に組み直すので、脳みそ沸騰しそう!!
データ見落としあったので貴明ー2、3を一部書き換えました~~(_´Д`)アイーン



有馬が敗れた龍造寺との戦いは、1562年説と1563年説の二説あります。
後藤貴明が打倒・大村純忠に向けて動いたのが1563年なので、1563年だったのかもしれません。
(てか、これだけ大物同士の激突で年代が二説ある肥前って・・・( ̄ω ̄A;アセアセ)

とにかく直接のキッカケは大村純忠の受洗でした。
受洗の動機は「南蛮との交易」とか「勢力拡大してきた龍造寺へ対抗する為」とか、色々あるようです。
とはいえ傾倒ぶりは大友宗麟とイイ勝負で、こういう場合に迷惑を蒙るのは家臣なのも一緒。

大友純忠・・・じゃなかった(爆)大村純忠は、熱心なあまり領内の神社仏閣を破壊し、家臣へも改宗を迫ったそうです。
この手の話は、どこまで信憑性があるのか、判断しようがないので困る^^;
でも神社仏閣が破壊されたなら、大村関連データが乏しく大村藩史を検証しようがないのも頷けます。
何といっても神社仏閣は一次史料の宝庫ですから。
で「家臣へ改修を迫った」も全くの中傷デマではないかもです。

何故なら、純忠の受洗に反感を覚えた大村家臣が、大挙して武雄・後藤貴明に寝返ったからです。
後藤貴明は大村家臣の寝返りで、大村領であった北部波佐見、川棚、彼杵を労せずしてゲッツ(=^・ω・^=)v ブイ
いずれも東彼杵郡の土地で、後藤が手にしたのは総面積のザックリ1/4くらいでしょうか。
波佐見の北部というと、武雄市に近い方ってことでしょう。
いやそれよりも川棚町と彼杵町です。
そこは大村湾に面した土地・・・後藤貴明は大村エリア内の港を手に入れたんです!ゎーィ♪ヽ(*´∀`)ノ
佐世保湾の奥にある南蛮交易港・横瀬浦を狙える位置に足場を確保。

1563年7月、後藤は大村家臣にクーデターを起こさせ、自らも出陣して大村氏の平定を試みるがコッチは敗退^^;
針尾島に兵を出して佐志方城を攻め落とし、かつ、佐世保、日宇、早岐、針尾島の四ヶ村もゲッツ

ちなみに、この針尾島の南端に、現在のハウステンボスがあるんでつ( ̄ko ̄)

同年7月27日、後藤に寝返った横瀬浦奉行・針尾伊賀守とともに貿易港・横瀬浦を焼き討ちし、港として使えなくしちゃいました

この勢いで憎い大村純忠の首を~~~~~~~~と行きたいところに「待った」がかかる。
龍造寺の肥前須古城攻略が始まったからなのだが、それは・またの話 by^-^sio
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
779位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
122位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR