FC2ブログ

龍造寺家文書100_千葉胤繁書状

古文書入門書を読み始めたばかりのクセに、同時進行で一次史料を読むと言う大胆な?試みです。
間違ってたら、後からコッソリ修正してるかもよ,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!



肴給候、賞翫候、毎事勲功之通、悦入候、
仍就祇園社役、自大草野弥六左衛門尉所申候慮、承知之由申来候、是又快悦候、恐々謹言

?年六月六日                 (千葉)胤繁(花押)

(捻封上書)
「(墨引)龍造寺右衛門大夫(康家)殿    胤繁」




語句解説
★千葉胤繁
---(千葉介)1493年~1511年~肥前千葉氏14代目&西千葉氏3代目

★祇園社
---現在の須賀神社(小城市小城町)検索して画像見てみそ、階段の仰角にクラクラするよ!

★大草野弥六左衛門尉
---嬉野市に大草野の地名が残ってるので、その地の国衆と思われる

★捻封(ひねりふう)
---Σ(´Д`;)はぅ!これまだ勉強してないしwww
簡略な封式で、堅紙を奥から巻き上げた後に上部だけを捻ります。
包紙は使用しません。

★上書
---捻封に上書・・・つまり宛名と差出人の名前を書いた。

★墨引
---言葉で説明できない~今でも封書の裏に〆ってやるでしょう。
  あれの本格バージョンで、他の誰かが開封したら印がズレちゃうから覗いたのバレるのね^^
  ここが詳しいです⇒墨引のやり方

★龍造寺右衛門大夫(康家)
---少弐政資に推挙してもらった官位ゲットしたんですね康家さん(*´ー`)フフフ

書状の年号は不明ですが、康家が推挙してもらった報告受けたのが、延徳元年1489年12月30日。
だから書状を貰ったのは、1490年以降の胤繁没年である1511年までの間です。
ただし、1497年に少弐政資が大内に敗れて自害し、巻き添えで西千葉氏も亡命し肥前に戻ったのが1504年だから、その間は除外されます。

本文読み下し
肴(さかな)給わり候、賞翫(しょうがん)し候、ことごとの勲功の通り、悦び入り候、
よって祇園社役につき、大草野弥六左衛門尉自(よ)り 、申し候所(ところ)を慮(おもんぱか)り、
之(これ)承知の由(よし)申し来りて候、これまた快悦に候、恐々謹言

超意訳
プレゼント(中身?肴だから食料品?)頂きました。
賞翫=賞味つまり、美味しく頂いてます!(*´pq`)クスッ
つねづねの勲功、悦んでますよ~ゎーィ♪ヽ(*´∀`)ノ

大草野弥六左衛門尉より 、(私=千葉胤繁が)申し伝えたことを配慮して、(そなた=龍造寺右衛門大夫が)之(祇園社役)を承知してくれるって、これもまた嬉しい!恐々謹言


考察的な?
語句解説の生没年にあるように、千葉胤繁は二十歳前に亡くなってる(多分だけど戦死)ので、意訳は若い人っぽく(爆
家督を継いだのが亡命から肥前に戻ってからで12歳だか13歳。
相続後しばらくは養母である尼日光(肥前千葉11代目胤朝娘)が後見してた・・・らしい(史料ないので推測)
だから、この書状は1504年以降で、かつ自分の意思で書状を出すなら、若い晩年に近い年代じゃないだろうか。

で、肥前千葉氏の本城である牛頭山城は、1497年少弐没落時のゴタゴタで東千葉氏初代・興常に奪われちゃった。
(千葉興常は、少弐氏累代のライバルにして西国のドン・大内氏の後見を受けてます)
本拠地を奪われた嫡家・西千葉氏は、牛頭山城の数百m近所・晴気城に構え、東千葉氏と敵対してました。
(牛頭山城の西に晴気城があることから、西千葉氏と呼ばれた)

牛頭山城に入った東の千葉興常は、大内の後ろ盾で自分が千葉氏総領の如く振るまったそうですが、
両家は神事に関しては敵対しないで、それなりにバランスとれてたのかもなんです。
(川上社の安堵関係が両家の連著)

そういう背景があるところで、神事の役目について大草野を通じて千葉胤繁から申し入れがあり、
それを龍造寺康家が承知しました~と、西千葉の胤繁へ、進物を届けつつ返事したらしい。
それに対しての千葉胤繁の返信(進物への御礼含む)です。

肥前千葉氏が西と東に分裂したせいで、周辺の国衆は気遣いが大変だったんだろうな~( ̄ω ̄A;アセアセ
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

つねまる様

花押も家紋も、日本のデザイン?はカッコいいと思います^^

> 一次史料を入力するだけでも大変な作業ではありませんか?
ズバリ・・・・大変です(笑
ただ入力する時に読みが判らない漢字は検索して探すので、意味を調べる事にもなるから頑張ってます^^

> いま、貴ブログを必死に遡ってお勉強中です。
おお~ありがとうございます。
過去記事はリサーチが甘いので、恥ずかしいですが楽しんで頂けたら嬉しいです^^

> 柳川、佐賀、秋月、福岡、飫肥、いいところですね。またフェリーで渡海したくなります。

行ける距離なんでしょうか?
自分は北海道なんで、十数年前に社員旅行で行ったきりなんです^^;

コメントありがとうございます^-^

No title

こんばんは。私は花押を見るのが好きです。周りが、きゃーっと逃げてるような形とか。
一次史料を入力するだけでも大変な作業ではありませんか?

いま、貴ブログを必死に遡ってお勉強中です。

柳川、佐賀、秋月、福岡、飫肥、いいところですね。またフェリーで渡海したくなります。
プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
779位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
122位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR