FC2ブログ

(2)下知状---古文書学のススメ

下知状は下文(くだしふみ)から派生した命令形式の武家様文書です。

~~様式上の特徴~~
1)充所(宛先)
---文書の最初か文中に含まれ日付の後に来ることは絶対にない

2)差出書
---奉者の署判は必ず日付と別行になる

3)書止文言(文章の結語)
---下知如件⇒⇒下知(げち)件(くだん)の如(ごと)し
---どれほど長文であっても、文章の最後が上記の言葉で締めくくられていれば「下知状」です(-人-)☆彡

~~用 途~~
・永続的効力が期待されるものに用いる
 ※例:制札、禁制、訴状の判決、など
  (特に訴訟の判決は、残存する文書は下知状が大半を占める)

ただし、安堵に関する文書は下文(くだしふみ)形式。
先日アップした龍造寺文書の「千葉興常安堵状」は、下文の中の一つで「奥上署判下文」にあたります。


えっと凡例は・・・
・・・・・・・・・^-^
・・・・・・・・・・・・・・^-^;;


明日頑張ります・・・・il||li _| ̄|○ il||l
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
779位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
122位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR