FC2ブログ

(3)-1御教書---古文書学のススメ

佐藤先生・・・難しすぎです・゜・(つД`q。)・゜・
ビギナーなんで説明にはウィキペディアの力を借りまつ・・・φ(.. )コピペコピペ

御教書(みぎょうしょ、みきょうしょ)
《源頼朝は下文・下知状・御教書を発給文書の三本柱として武家様文書の基礎を作った》

だそうです。

先生の古文書学入門によると、
《御教書は幕府の意思を伝えるための文書》

なのです。
何となくイメージは出来ましたか?(^-^)
は~い。イメージ「だけ」なら・・・il||li _| ̄|○ il||l

御教書は、下文(くだしふみ)・下知状が、権利の付与または認定(安堵)を目的とするのとは全く違う機能を持ちます。

簡便な凡例が出せなくて端折ったんですが、下知状から相続関係の和与状、裁判関係の裁許状が派生してます。

で、それらの書状に直接OKサインを書き込む外題(げだい)安堵という形態も派生した訳です^^b

つまり下文や下知状が、永続的効力を持つのに対し、御教書の効力は限時的。

発給者(幕府)の意思が相手に伝達されれば、文書本来の機能はなくなります。

( ̄ko ̄)<貰った皆さんは、大事に残しますけどね・・

【室町幕府の御教書】---執事or管領が将軍の意を奉じて出す文書
  そう・・・将軍が直接出してる直状じゃないんです(←けっこう忘れがち)
  将軍がプライベートに出す直状は( ̄ko ̄)<御内緒・・・
  遊ぶなタワケ!バキッ!!( -_-)=○()゚O゚)アウッ!
  ゲフゴホ・・・御内書(ごないしょ)と呼ばれ、御教書に準ずる文書とされてます。
  

御教書の形式としては執事or管領が日(月日)下に署(官名)判(花押)を書いてます。
将軍の意を奉じて出すので「将軍家御教書」と呼びます。

う~ん、凡例出したいけど漢字が難しいのばかりで、ちとシンドイ^^;

で、古文書学上の様式名として・・・
関東管領が関東公方の意を奉じで出した御教書⇒⇒⇒鎌倉府御教書
 はぁ・・・九州ばっかだから、関東公方も関東管領も関東八屋形も未だに覚えてない( ̄ω ̄A;アセアセ

九州探題が将軍の意を奉じて出した御教書⇒⇒⇒九州探題御教書
 関東管領より九州探題の方がカッコ良くね? ウキウキ(0 ̄*O)(O* ̄▽)Oワクワク
 すいません・・・根拠なしの依怙贔屓です,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!

難しいけど楽しいです。
学生時代は古文も漢文も大嫌いだったんです(*´・д・)(・д・`*)ネー
進学を諦めた事で「もう人生で関わる事がないんだ」と半ばヤケクソだったので・・・
それが今では・・・不思議なものですね^^
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
779位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
122位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR