FC2ブログ

大河平氏_6【当家代々の忠義は鎖鍮(さやく)の如く!】

さて、今城は川の右岸の岩石の切り立ったガケの上にあり、南と西は渓谷、東は川が堀となり、その上はガケと急斜面でした。
北側は狭い道路が永野原に連なっているが、ここに三箇所の城壕を設え敵の侵入を阻んだ。
更に川の岸に大手門を設え、これを偽装して城壁には松の大木をはじめ岩石を積み上げ、敵の攻撃に備えた。
城兵は大河平自前の130に加え、義弘派遣の300人。

地図・今城
主君である北原兼親がいる飯野城は、地形無視の直線距離で2kmほど東です^^

んで、兼親の言上により島津義弘は派遣兵を撤収してしまう。(_´Д`)アイーン

伊東義祐はこれを聞き及び、永禄7年(1564年)5月29日暁に1,000騎余で今城へ押し寄せる。
伊東勢はまず三方深淵に囲まれた要害に陣を布き、”大河平城”へ物見を出したが城には一兵も無かった。
既に大河平側では老幼婦 女子は山神平の岩山の中に隔して、今城を固めていたからです。

おそらく伊東義祐は当主が代替わりしたばかりで、しかも未だ15歳と知って舐めてたんじゃないでしょうか。
まず使僧を遣わし降伏を促した。

伊東義祐
「良禽は木を選び智者は明者を求む。
今、汝は土地の大小勢の強弱を案して、速やかに我に服せば数城を連ねて武名を輝かし永く栄華を子孫に遺さん、
若し命に違わば孤城を細粉せん事眼前にあり、汝それを熟慮せよ。(* ̄ー ̄*)ニヤリ


人物・伊東義祐 黒い伊東義祐イメージ画像
(髷を結ってないのは、既に頭を剃って入道してたから^^)

が、大河平隆次はこれを拒絶する。
「賊め、無情にも敢えて人の国境を犯す、
我ら豈(あに)利を負って不徳の人に従わんや。汝速やかに去れ。
我が家は代々忠義を執りて国門の鎖鍮(さやく)たり、
事己に今日に至る唯弓箭の間に相見えんのみ、
焉んぞ(いずくんぞ)降慮となって恥を軍門に曝さんや(橋口嵐山氏の『諸県興亡』バージョン)」


|返答|・ ̄)じぃー ・・・・・・
隆次の返答の意味が判らず・・・(._+ )☆\(-.-メ) オイオイ
もとい
少年当主の拒絶に対し、伊東義祐は再び使者を送った。

隆次クン(超意訳バージョン)
「賊め! 無情にも敢えて人の国境を侵すような“利を追う不徳の人”に、どうして我らが従わねばならぬのであろう。
汝(伊東義祐)速やかに去れ!
当家代々の忠義を執るは国門の鎖鍮(さやく)の如し!
このようになった上は唯々弓矢にて御相手するのみ。
どうして降伏などして恥を軍門に晒せるだろうか!(`・ω・´)キリッ」


あくまでも個人的な感想なんだけど、この堂々たる拒絶の口上は誰かの仕込みじゃなくて、隆次自身の言葉だと思う。
末っ子とはいえ現代の15歳より、戦国時代で武士である隆次の方が遥かにシッカリしてるだろう。

その上に隆次は、詳細不明とはいえ15歳ながら「ささいな事」で主君と不仲になったという経歴の持ち主だ^^;
おそらく口も達者で、自分の意志や意見をハッキリ・キッチリ・ガッツリと言っちゃう子だったんじゃないかしらん^^;

ちなみに聞きなれない鎖鍮(さやく)という言葉。
これは(さやく)と、本来は読めない漢字です。
しいて読むなら「さちゅう」で、漢字のままの意味だと真鍮(しんちゅう=黄銅)の鎖になる。
まぁ、隆次のセリフの流れなら、言いたいことは「国境は死守する!大河平方面より先へは行かさない!」って事だろう。

「○門のサヤク」って言い方のルーツとして考えられる例として示唆されたのが、漢文からのモジリ。
宋史、冠準伝で「北門鎖鑰、非準不可」という漢文があり、それを転用して「国門の鎖鑰」としたのではないかって事。
だがそれでは漢字が違う。漢文で使っている「鑰(やく)」は、鎖ではなく鍵という意味なんです。
で、そこでシオが思ったのは「国門の鎖鑰」を、
更に「真鍮の鎖」にかけて「○門の鎖鍮(さやく)」と二重にモジッタんじゃなかろうか。

他にあるのが旧日本海軍の文書中に「鎖鍮」(ただし振り仮名なし)とあり、
さらに他に禁酒法に関する演説の中に「(米国の)西門の鎖鍮」と使ってる用例がある。
米国の場合は原文の英語が載ってないので、翻訳した人が「鎖鍮」という言葉をチョイスしたのだろう。

年代も場所も違うところで、ポツポツ使用例があるということは、
「鎖鍮」という言葉は、印刷段階の誤植や著者の橋口氏の書き間違いではなく、
最初に使い始めた「誰か」がいたということじゃなかろうか。

ということは、この言葉から著作に記載されていない、元出典が辿れるんじゃね?(・∀・)アヒャ
と思ったが、漢字(造語?)一つくらいのヒントじゃ辿れんわァ!!!(# ゚Д゚)・;'.!

史料提供して下さる監修様は、この大河平氏関連は現地に赴いて取材されてるんですが、
橋口氏が何を出典とされていたのか、現地でも判らなかったんです。

御子孫が出版された方もあるんですが、そちらは現代風に平易な文章で書かれている上に、
こちらも元出典の記載がなくて、結局辿りきれず現地取材で調べて頂いた範囲で記事にしました。

さて、アレコレ悩む管理人と違い、賊だの不徳の人だのと若僧に言われたい放題だった御本人の伊東義祐。
年甲斐もなくブチ切れたらしく「激怒して」今城の総攻撃を開始したのだが、それは・またの話 by^-^sio
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

的矢

そのまんまですと「的とあてる矢」^^

つまり練習用とか神事や祭礼などで的を射るための矢のことです。

とはいえ、自分も実物を見たことがないので、頭の中だけの知識ですけど^^;
実戦用と神事用とでは一目でわかるほど、違いがあったようです^^;

No title

こんばんは。

的矢ってなに?的矢牡蠣しかヒットしないよお…(T_T)

おいしいとこがわからず、もんもん。
プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
779位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
122位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR