FC2ブログ

大河平氏_7【出典の話、略してデバナ?】

いまさらなんだけど(手抜きして書いてなかった)大河平氏に関する出典の話

前回大河平氏_6で紹介した「伊東義祐の降伏勧告のセリフ」と、それに対する「隆次の拒否回答」。
この部分だけが『諸県興亡』から。
書庫全体の出典は「物語り 大河平氏」です。

伊東勢VS今城の大河平氏・・・通称・今城合戦に関する記述で、上記二冊に内容に大きな相違はありません。
ただ書き方が今風か昔風かの違いがあるので、ニュアンスも読む人によって受け取り方は違うかもです。

ただ前回の文体から判るように「諸県興亡」のセリフの方が戦国ムード満点なので、記事にするにあたって、
双方の遣り取り部分のみは、「諸県興亡」から引用しました。

これは必ずしも確定した事実ではないのですが、
今城合戦に関しては「えびの市史」「諸県興亡」「物語り 大河平氏」、この三つの元出典は同じじゃなかな~。
ただし、あくまでも未確認です。
と、いうのは上記三つとも、大元の出典が何になるのか記載されてなかったからです^^;

では何故に同じっぽいっす~という印象を受けたか・・というと、
監修様曰く「これまで一次史料で今城合戦の詳細を見かけた事がないから」です。

大河平氏は島津家臣なので「本藩人物志」に登場するんですが、あんまり詳しくないそうです。
なにせ家老でもないし、譜代でもない、小領主ですから^^;

大河平氏の主君・北原兼親の飯野城は、島津義弘が入った事で戦国オタには知られています。
島津義弘が飯野城に入ったのは、今城合戦のあと。
北原兼親の言上を受け入れた義弘は、島津勢を今城から撤収してたので、今城合戦に島津勢は直接関わっていません。
だから決して軽んじてるわけじゃないけど、島津にとっては「直接の関わりないので詳しくない」わけです。

「北原兼親の言上で義弘が今城から撤兵した」という事が、本藩人物志に記載されていたのは(監修様に)確認済みですが、
言上の中身は書いておらず、経緯の詳細は「えびの市史」「諸県興亡」「物語り 大河平氏」に頼るしかないわけです。

まぁ、限られた地域の郷土史というのは、そういうものなのかもしれません。
出典を整理したところで、いよいよ今城合戦なのだが、それは・またの話 by^-^sio
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re: すいません

そっちメールします

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
779位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
122位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR