FC2ブログ

上申文書---古文書学のススメ

お久しぶりの書庫更新~おべんきょー再開なのね^^

さて、直球で行くと「申し上げる(ための)文書」^^

個人が、政府orその所属官司(←上司)or時の支配者---などに提出する文書の総称です。

例えば
・官位のおねだり請願書
・訴訟文書
・命令に対する報告書
・物品の請取書
・武家が主人の元に馳せ参じた事を証明するための着到状
・武家が戦闘に参加した事を証明してもらうための軍忠状

ちなみに請取と書いているのは書き間違いじゃなくて、
中世以後にみられる古文書に「請取状」ってのがガチである。

意味するところは現代における「受取」と一緒で、まぁ昔はこの漢字を使ってたって事らしいが、
専門(古文書)的な深いところまでは自分が理解不能なのと、本筋(参照文献)から離れるのでパス

この書庫の参照文献---「古文書学入門」佐藤進一著
久しぶりなんで、この文献についても簡単に^^

佐藤進一先生は歴史家で専門は日本中世史。
ウィキペディアによると
「法政大学の通信教育用テキストが話題を呼び、『古文書学入門』として出版された」そうです。

この入門書は、古文書学におけるバイブルといっても良い位置にあります。
シオは勉強しはじめたばっかりで知らないんですが、細かい個々の内容になると、
佐藤先生の出版時(1971年初版)より古文書学研究は進んでいるらしいんです。

一例ですが、前回紹介した「判物(はんもつ)」は、佐藤先生の著作で詳細までは触れていません。
(判物という言葉自体は当然出てます^^/)

ただ古文書学というものを理解する・・・
という大枠の部分では、この書物がベースになるってくらい様々網羅されてます。

様々網羅の様々
---武家文書だけでなく公式(朝廷)文書、公家文書、上申文書、証文類など全て。
様々網羅の網羅
---時代も平安時代から戦国時代にかけての、文書の成立から変遷に至るまで全て。

ぶっちゃけ本音で言うと「全部なんて覚えられんわい!! !(# ゚Д゚)・;'.」です。
武家の鎌倉時代だけでも四苦八苦なのに、公家の平安時代なんてもっと無理~~~・゜・(PД`q。)・゜・ヒーン
ということで、この書庫では(管理人の脳みそが限界なため)必要最低限である「武家様文書」と「上申文書」のみ扱います。

んで(一応)武家様文書は終わりまして、今回から上申文書に入るんですが、
ザックリした説明だけで、一記事の分量になってしまいましたわ~~,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!

目下のシオは
「ヤバい!某龍造寺家文書のアレやコレを、古文書字的に理解してなかった気がする」
「ヤベーー論文の内容&書き方を、また改訂しないとダメっぽいかも」
という予感がヒシヒシしてならないのだが、それは・またの話 by^-^滝汗なsio
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
653位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
111位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR