FC2ブログ

大河平氏_10【今城合戦---3・籠城の実動員】

はじめに・・・本業(肥前史研究)とは違い歴史記事の資料等は他力本願で提供受けてます。
(本業の方も入手には、ご協力をいただいてます^^;)
ですから記事にした以上の事は、シオ自身にも判らないので、その辺はお含みおきくださいm(__)m
------------------------------------------------------------------
出典元:大河平氏家譜(仮称)---非公開のため原典未確認です
参照史料:『えびの市史』『本藩人物志』(その他の参照史料は文中、都度明記します)
参照文献:『物語り 大河平史』『諸県興亡』
※文体からの推測として原典に近いのが『諸県興亡』で、現代語訳した(と思われる)のが『物語り 大河平史』
※『えびの市史』『諸県興亡』『物語り 大河平史』は合戦の日付から大河平氏家譜が出典元と推測される。
 傍証として合戦日付だけでなく、その他内容も上記三点は根幹部分において相違はありません。

≪記事内ルール≫
青文字⇒⇒史料&文献参照
緑文字⇒⇒青文字にないが、補足&解説となる部分
黒文字⇒⇒分析・推測・・つまりIFバナなので、苦手な方はスルーで^^;

本来であれば論証できないIFバナをダダ漏れするのは、歴史記事においてはNGなんですが、
ここは研究内容とは別の趣味だって事と、自分が記事にしながらでないと脳内整理出来ないオバカなんで御勘弁下さい。
------------------------------------------------------------------
さて、『えびの市史』『諸県興亡』『物語り 大河平史』は、根幹部分で相違はない・・

という書き方をしてるって事は、細かい部分では違いがあると言う事です(*´pq`)
それが前回書いた伊東勢の動員の人数。
物語り大河史のみ伊東勢1000名としているんですが、今城の籠城人数も他は130人なのに、
物語り大河史の方だけ108名になってます。


いきなりですが分析モードに入ります(`・ω・´)キリッ

自分は、この108名が籠城したホントの実動人数だと推測してました。
理由は単純。
物語り大河史では、少年城主・隆次と共に今城で玉砕討死した城兵の名前を列記しているからです。
元出典であろう大河平氏の家譜にも討死氏名が記載されているのか、
それとも著者が菩提寺の過去帳&墓石からアナログコピペ(書写)したのか、
家譜が非公開なので、確認はできません。

いずれにせよ戦没者氏名まで確認している『物語り大河平史』の方が、
今城籠城の実動員数として90%以上の精度があると思います。
(残り10%は、カウントミスあるかもだから^^)

というのも大河平では今城で玉砕した英霊に対し、継続して何らかの慰霊をしているはずだからです。
つまり今風セレモニー調で言うと今城戦没者慰霊祭
日本習俗風だと大河平氏及び一族による法要です。

月命日・祥月命日・お盆
墓参や法要をするのは、ごくごく当たり前のこと。
ましてや主家を筆頭に家臣一同の命日が一緒なんです。
主家・大河平氏の歴代当主がガチで法要の喪主代表ですな ( ゚Д゚)y─┛~~

討死という究極の忠義に対し、主家の方は慰霊・鎮魂という真心を尽くす責務があります。
大事な法要のさいに戦没者氏名が漏れるような事があっては一大事です。
当主代替わりか、33回忌とか50回忌とか大きな節目には、戦没者氏名のチェックはしてたんじゃないでしょうか。
実際、佐賀藩では戦没者調査を江戸期に行ってました。
調査は推測だから置いといて、
少なくとも古くなって破損してきた過去帳を新たにするときなどは、二重三重の確認作業をしたでしょう。

日本人は死者を悼む・・・ということに対し、非常に真摯です。
現代でも太平洋戦争における遺骨調査のニュースが、たまに出るでしょう?
それと同じで、当然のことなのです。

子孫がおられる以上、戦没者氏名は現在進行形の個人情報です。
ですから、家譜や菩提寺などの情報は、今後も一般には公開されることはないでしょう。
自分も部外者が踏み込んでは(・A・)イクナイ!!と思う。

対外的には籠城側は130人。それでいいんです。(´・д・`)。。。
いや、真面目な話。
いやいや、感傷的になってるからじゃなくて。ガチで公称130人だってば。

130人の元ネタって本藩人物志・・・大河平氏の主家である島津側データだから。
主君側で130人って言ってくれてるんだから、130人なんです。

過去帳から拾ったとか墓石調査で分かったとか、そこは島津側に言う必要ない大河平限定内輪の話。
万が一、130人より少ない数が島津側に漏れて、筆頭家老や殿さまの逆鱗地雷を踏んだりして、
「あ、そーなんだ、いままで隠してたんだ。ふーん。じゃ、130-108=22人分、大河平の本領減らすから」
なんてことになったら(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル
だから108名って数は江戸期はトップシークレットだったんじゃないかな。

法要の人数と、島津側で掌握してる人数が違ってる事に気づいたとしても、
少なくとも江戸期において、違うと進言できる勇敢?大胆な大河平当主はいないでしょう。
だから、過去も未来も今城籠城人数は、公称130人(`・ω・´)キリッ

さて、実働人数の次は公称130人の根拠なのだが、それは・またの話 by^-^sio
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
779位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
122位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR