FC2ブログ

龍造寺家文書_45・少弐貞頼書状

ちょっと?遡ってます,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!

緑文字---本文
※-------読み下し(たつもり)
★-------超意訳(爆



一日江上七郎方之御状、委細一見候了、
※一日 江七郎の御状、委細一見候おわんぬ
★一日に江上七郎の御状、詳しいことは一通り見終わったよ~

随而今度刻、一家合不儀之式、無是非候之慮、
※したがって今度、一家儀の式合わず、是非無く慮り候
★降参~~意味がワカラン~~

御分之事、無他事被致忠節候之条、神妙候(~繰り返し~)、
※御分別の事、他事なく忠節致られ候の条、神妙候、神妙候
★御分別の事や余念なく忠節を致すこと、感心、感心 (^ -)---☆Wink

巨細之趣、七郎可申候、恐々謹言
※巨細(こさい)の趣、七郎申し可(べ)く候、恐々謹言(結語につき見たまんま)
★大小こまごましたことは、(江上)七郎へ伝えておきます、恐々謹言^-^

十二月廿一日        (少弐)貞頼(花押)
※12月21日、書状には年度入れないの元号不明 
※少弐貞頼(1372-1404)南北朝時代~室町前期の少弐当主    

龍造寺六郎殿
※龍造寺康秀のことらしい
----------------------------------------------------------------------------------------

結論から言うと、少弐貞頼は龍造寺を頼りになる被官として、大事にしてたようです^^

宛名に殿って漢字で書くのは、敬意を払ってる証なんです^-^

ちなみに少弐貞頼さんは、戦死自害率が高い少弐氏の中で珍しく病死です。

が、30代という若さでの死亡だったので、このあと若年当主で大変なのネー(*´・д・)(・д・`*)ネー
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
822位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
120位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR