FC2ブログ

口宣(くぜん)と口宣言案(くぜんあん)---古文書学のススメ

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代

えっと・・・調べたいのは【室町殿袖判口宣案】なんですが、
その前にベースである【口宣案】から行きます__φ(.. ) メモメモ

口宣案(くぜんあん)のベースは口宣(くぜん)でして、公家様文書の書式です。
てことで、またまた「佐藤進一先生の古文書学入門」のお世話になります__φ(.. ) メモメモ

口宣(くぜん)は大別ジャンルでいうと、公家様文書における宣旨の一つになります。

えっと、宣旨には複雑な手続きがあったんですが、蔵人所が設置されると手続きが簡素化されました。


簡素化された以降の宣旨に至るまでの順序
内侍(帝の側近に侍する女官)
        ↓
勅命を蔵人の職事(しょくじ=蔵人頭)へ伝える
        ↓
職事(蔵人頭)が上卿(じょうけい=当日の政務担当公家or大臣へ伝える
        ↓
上卿は内容によって各部署へ伝えて宣旨発布


というのが流れでして口宣(くぜん)は、赤文字部分に関わります。

この伝えるという行為を「伝宣(でんせん)」と呼ぶのですが、元々は口頭で行うのが原則なんです。
文書に表す場合は、職事の手控え・・・いわば本番前のアンチョコだったわけです^^b
というのも聞いた当日に大臣や担当公卿に会えるとは限らず、日数が経つと細かい点で伝達ミスが出てしまうからなんです。
で、その間違い防止の手控えを「口宣(くぜん)」と呼んでました。

それが後に、上卿へ交付するようになり、一つの効力を持った文書として扱われるようになり、
「口宣案(くぜんあん)」と呼ばれたそうです。

てことで次は「口宣案」から派生した【室町殿袖判口宣案】なのだが、それは・またの話 by^-^sio
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
822位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
120位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR