FC2ブログ

【薩州家_島津義虎までの その弐】

※本稿に入る前の予備解説なので記事ルール割愛します。
  ザックリ駆け足予備解説につきウィキペディアやサイト武家家伝参照です。


え~島津の数ある分家の中で、自分が一番好きなのが薩州家です~川* ̄д ̄*川ポッ
既に過去にカテゴリ作ってドップリ記事にしているんですが、好きなんで何度でも書いちゃうです(爆

宗家の地位を巡って争う島津氏の総領五家「総州家奥州家相州家・伊作家・薩州家
元々の宗家だった総州家は、奥州家に敗れ室町期に滅亡したので、家督を巡る争いは残りの四家となりました。
新たに宗家となった奥州家から赤色文字の三氏が派生します。

赤色文字・三氏のうち宗家と匹敵する実力を保持していたのが薩州家です。
てことで萌えるピンク色文字 川* ̄д ̄*川ポッ 

判りやすく言うと、宗家という器に入っている中身が
室町中期~戦国中期まで奥州家
戦国中期~戦国末期以降、伊作家
であるのに対し、宗家と拮抗し争うのは、常に薩州家なのです。

島津宗家が薩摩国守護職であるのに対し、薩州家は薩摩国守護代の家柄。
薩州家の本貫地である出水(鹿児島県出水市)は、鎌倉期に薩摩国守護所があったという、実に由緒ある土地でございます(-人-)☆彡

宿命の家・・・薩州家は、その誕生も特殊でした。
初代である島津用久は、宗家(=奥州家)当主・忠国の長兄だったんです。
兄が宗家当主になることが出来なかったのは生母が側室・・・庶子だったから。

で、、、御家騒動にありがちなんですが、
庶長子である用久の器量は実弟(嫡出子)で当主である忠国を上回ってたんです( ̄ω ̄A;アセアセ
何せ忠国が手こずった薩摩国人一揆を、用久が鎮圧しちゃったくらいですから( ̄ω ̄A;アセアセ
(そのあいだ忠国は処置を兄貴に丸投げして妻実家に退避しちゃってた)

そのため忠国の方が「兄貴は宗家の家督を狙ってるに違いない!!」と疑心暗鬼になり兄と激しく争います。
時に室町将軍は六代目義教なのネー(*´・д・)(・д・`*)ネー
忠国は苛烈なことで「万人恐怖」を言われた足利義教を味方につけることに成功し、兄との争いに勝った(=^・ω・^=)v ブイ

用久は宗家から離れ分家・薩州家初代となります。
兄弟和睦の証として忠国の嫡男・立久に、用久の娘が嫁ぎました^-^

が。。。どうも忠国は終生兄に心を許さず油断できない男と警戒し続けていたようです。
まぁ優れた兄への嫉妬もあるんでしょうな ( ゚Д゚)y─┛~~

忠国は嫡男・立久が成人し孫が生まれても頑として家督を譲らず、死ぬ(1470年)まで現役席にしがみ続けた。
といっても丸っきりの頑固ジジーなわけでなく、嫡男・立久は当主としての実務には携わってたそうです。

が、嫡男・立久が実質当主として活動を始めるのは、忠国の兄にしてライバルであった用久が死んだ年(1459年)からでして、、、、
総州家を破って覇者となった偉大な父・久豊と、庶子でなければ当主の器であっただろう優れた兄・・・家庭の事情が複雑で庶民シオには窺い知れないイロイロあったかと・・・(´・д・`)

という波乱の幕開けだったのに、忠国は更に複雑にしちゃいました。
え~~~言いづらいけどちと家族計画に失敗したんですぅ ( ̄ko ̄)

わずか数カ月の差で庶長子(友久)と嫡男(立久)が生まれちゃったんです( ̄ω ̄A;アセアセ
忠国ってば~自分もソレで苦労したのに、子供たちまで同じ状況にしちゃった!Σ(´Д`;)はぅ
長男の友久は、立久と同い年でありながら庶子であるがために家督が継げず、分家して赤色文字の相州家初代となります。

忠国が死ぬまで家督を譲らなかったのも、子供たちのこともあるかもしれませんが、これは忠国本人だけしか判らない胸中の事でしてナントモカントモ・・・(´・д・`)

立久の代で応仁の乱が始まり戦国乱世に突入するわけだが、立久の代は分家と上手く行ってたようで、応仁の乱にも分家と協力して対応してました。

問題は立久の次。

立久が庶子・忠昌を残して43歳という働き盛りで死去した。 ガ━━━(゚ロ゚;)━━ン!!
更に不味いことに側室だった忠昌の生母は分家とかじゃなくガチ家来筋で、ほんとに身分が低かったらしい。
そのため父である立久も家督相続候補としては想定外で、あらかじめ忠昌を出家させてたんです。

立久死去により忠昌は急きょ還俗・・・時に数え12歳!!!( Д )  ゚  ゚
庶子で僧侶あがりの若年当主・忠昌クンは、
島津一族として自分より遥かに毛並が良い分家の叔父様たち
に囲まれる事になったのだが、それは・またの話 by^-^sio
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 通りすがりさま

①家督も譲っていたとなると「悔返」したってことになりますね。

②なるほど、友久は敵方の血筋でしたか。それでは忠国が次期総領に選ぶには不適当ですね。
 友久が家督相続でゴネなかったのも納得できます。

③当主押し込めはあり得るかも・・・家督を譲らず当主で居続けるのは穏当ではないですから。

相良家文書は島津のこともチョコチョコ触れてるから面白いですよね^^
薩州家・国久とも同盟関係だったのが覗えるし。

いろいろ勉強になるコメントありがとうございます^-^

No title

最近、新名一仁氏が『室町期島津氏領国の政治構造』(戎光祥出版)という本を出されていくつかの指摘されておられるのですが、
①島津家の系譜では用久は「守護代」として扱われているものの、用久が出した文書は全て守護が出す文書の書式である「書下」で、なおかつ守護代が職務上作成する「遵行状」や「打渡状」が見つからないのは不自然過ぎるので、恐らく忠国は家督そのものを用久に譲って隠居したものの、その後当主復帰を図ったのではないか?
②忠国の後継者が立久であったのは、忠国と用久が争った時に、友久の母方の実家の伊作家が用久方で、立久の母方の実家の新納家が忠国派であった事が影響している模様(忠国を支持した一族・重臣は用久から忠国の息子に家督を譲らせる折衷案も検討されており、敵方の血を引く友久では拙いと判断された)。
③出典が相良氏文書ではあるが、1458年頃から忠国と島津宗家の重臣の関係が悪化し、重臣達が用久を立てるクーデターを起こすとの噂があった。用久は噂から間もなく亡くなっているものの、その直後に立久が当主としての活動を始めているので、忠国から立久への当主交代は実は重臣達による「主君押込によるクーデター」可能性も否定できない。
と、書かれておられます。
プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
660位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
105位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR