FC2ブログ

島津家久君上京日記_豊前訪問なぅ-3

参照---行橋市史・資料編・中世
出典---旧記雑録後編一より

家久君上京日記とは~ウィキペディアより抜粋
天正3年(1575年)、島津氏の三州平定の神仏の加護を伊勢神宮などに謝するため上洛した。
この時の上洛の顛末は家久自身が『家久君上京日記』という旅日記にまとめている。


家久君は、いえひさぎみ・・・と読みます。
決して、いえひさクンとは読まないように (`・ω・´)キリッ


※原文、参照元では非掲載
青文字⇒読み下し(参照元)
ふつうの文字⇒超意訳(ブログ管理人シオ^^)

一、六日、政所より太刀一腰、同種々の祝物拝領、
(3月)6日、政所より太刀一振と他色々なお土産を頂きました(*´pq`)クスッ

それより打立候へは、又馬二疋にてほほはしらといえる所迄おくられ候、送の者へ何やらんとせ、
それ(英彦山)より出発し、また馬二頭にて ほほはしら・・帆柱(豊前中津郡)と言う所まで送ってくれました。ゎーィ♪ヽ(*´∀`)ノ
で、送りの者へ御礼しました。

さて其夜は紀伊のうち墻といえる村に一宿、あるしハ常心といへる禅門
さてその夜・・6日の夜は紀伊(城井)のうち墻(かき?)という村に一泊。
宿の主は常心という禅門・・・在俗の僧侶でした^-^

===============================================

大河ドラマでは豊前・城井氏を宇都宮~宇都宮~と、関東の御本家の名前で呼んでましたが、
戦国時代は土地の呼称でもある城井(きい)姓だったんです。

家久公、「きい」って聞いたけど漢字が判らず(城井って書いて「きい」って土地っ子でないと読めんわ)、
当て字で紀伊と書いたようです^^

人物・良い家久
監修様提供、島津家久公イメージ画像~川* ̄д ̄*川ポッ 
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re: つねまる様

> こんばんは。いつもお世話になっております。

こちらこそ、お世話になっております^^

> 家久くん、かわいい。当て字・・・(≧▽≦)

うふふ、可愛いですよね(*´pq`)

> 秀忠か家光が、母里を毛利と書いてしまって。黒田さんちでは「ま、いっかー」と毛利になりました、と福岡市博物館で見ましたが。

はい^^将軍家につっこめなかったみたいです^^
まぁ苗字を拝領したと前向きにとらえれば、名誉なことですし^^

> 英彦山から送ってもらってお土産ももらって、イメージ画像の家久くんがにこにこなのかと思うと、もう、幸せですわ。

なんだか素直な感想って感じで御機嫌な家久公のニコニコ顔が浮かびますわ~~
コメありがとうございます^^

No title

こんばんは。いつもお世話になっております。
家久くん、かわいい。当て字・・・(≧▽≦)

秀忠か家光が、母里を毛利と書いてしまって。黒田さんちでは「ま、いっかー」と毛利になりました、と福岡市博物館で見ましたが。

英彦山から送ってもらってお土産ももらって、イメージ画像の家久くんがにこにこなのかと思うと、もう、幸せですわ。
プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
779位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
122位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR