FC2ブログ

龍造寺家文書_112_大内義隆書状

用紙---切紙・・・儀礼上としては略式で、上位者から下位者への形式です。

緑文字---原文
※読み下し(てるつもり)
★超意訳または補足


去十一日、於諸口遂合戦、
※去る十一日、諸口遂に合戦に於いて
★去る十一日、あちこちで遂に合戦となりました。

敵数輩討[捕]之由注文到来、披見了、感悦此事候、
※敵数(あまた)の輩を討ち捕りの由 注文到来し、披見(ひけん)了(おわ)る、此の事 感悦候
★あまたの敵を討ち捕ったと注文(しるしふみ=報告)が来てたので、読み終わりましたが、このこと嬉しく思います(*´pq`)

毎度戦功無比類候、高名之至候、
※何時も戦功比類なき候、高名の至りに候
★いつも戦功が素晴らしくって(世間へも)名高いことでしょう^^/
基養父表事、切々可相動之由、加下知事候、猶刑部少輔可申候、恐々謹言
※基養父(=基肄養父・きやぶ)表の事、切々たる相動く可(べ)く之(の)由、加えて下知の事候、なお刑部少輔へ申し可く候、恐々謹言
★基養父(佐賀県鳥栖市)表の事で、切々働くとのこと、それに加えて下知(げち・命令)の事など、刑部少輔へ伝えます、恐々謹言

(天文十五年)
七月二十五日    (大内)義隆(花押)
龍造寺宮内大輔(胤栄)殿




書状は月日を記すだけで年度は書きません(年欠文書とも言います)
天文15年というのはシオ補足ではなく、佐賀県史料集成に収蔵された際に編集段階で記載されたものです。
龍造寺胤栄の活動期間、大内義隆の活動期間(花押と照合など)と併せて、北肥戦誌などの二次史料などから類推したものと思われます。

にしても一次史料が残ってたとはシランカッタ(@@)
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
563位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
103位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR