FC2ブログ

龍造寺家文書_118_城親賢書状(断道・折紙)

原文
※読み下し(てるつもり)
★超意訳

前回の切れた部分が・・・伯州(伯耆顕孝)存分之儀、
※(伯州(伯耆顕孝)存分の儀)
★(伯州(伯耆顕孝)の事ですが)

(前闕、第116号文書ヲ受クルモノノ如シ)
直被申入候之間、不及口能候、
※直(じか)に申し入れ被(ら)れ候之(の)間、口能(こうのう=斡旋)及ば不(ず)候、
★直接に申し入れられている間は、斡旋するのは難しいです。

旁態以一人申展候之条、閣重筆候、恐々謹言
※旁(かたわら)で 態(わざと)一人以て申し展(ひら)く候の条、重閣筆候、恐々謹言
★こちらで1名を立てて、申し展(ひら)きします。閣重筆候、恐々謹言



(天正九年カ)三月十七日        越前守 親賢(花押)

龍造寺殿
      御報
←お知らせ

閣重筆候----閣筆(かく_ひつ)は筆を終える事を意味するので、「恐々謹言」同様に「書止文言」の定型文節と判断しました。




[態以------恐々謹言]で終わる定型文があったのを見っけ~~
どうやら、この書状は定型文をアレンジしてるみたいです ( ̄ω ̄A;アセアセ

で、この書状は城親賢が「龍造寺殿」宛に出した書状です。
「殿」の敬称はついているものの、官位や通称名を記載していないので、龍造寺一門の誰を指しているのか判りません。
ですが、正式な書状である「堅紙」ではなく、儀礼上で略式になる「折紙」を用いてるので相手は龍造寺隆信本人ではないと推察できます

年欠書状ですが、肥後の状況と城親賢の死亡時期を鑑みて、史料集成編集で付記が入ってました。

なにやら緊迫してそうだなぁ |肥後|_ ̄)じぃー
前後の政治状況は、ゆっくり調べよう♪
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

委細らじゃです。(`・ω・´)キリッ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
822位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
120位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR