FC2ブログ

相良義陽_46【薩州家・島津義虎の相良エリア・長島侵攻_前編】

≪はじめに≫
自分の本業研究は「肥前史」で、歴史記事は趣味で紹介しております。
肥前史以外の資料は所蔵していないので、記載している出典元は基本として自分では未確認です。
ですから、あくまでも「こういう見方もあるんだ~」という程度の「読み物」としてお楽しみ下さい^-^
------------------------------------------------------------------------
≪記事内ルール≫
年号は旧暦対応表記です
青文字⇒⇒一次or二次史料などの元出典があるもの
緑文字⇒⇒三次史料や補足&解説となる部分
他文字⇒⇒分析・推測・・つまりIFバナなので、苦手な方はスルーで^^;
その他の出典&参照元⇒⇒必要に応じて都度明記
※何処までが確認がとれたデータか、孫引きデータなのかは、極力明記します( ̄ω ̄A;アセアセ
イメージ・花
「今までは、このための前振りかよ」とか「義虎萌えなのは判ったから!タイトルがくどい」とか言っちゃ・・・
ダメよ~ダメダメ♪ 川* ̄д ̄*川ポッ 

これだけアチコチのカテゴリで書いてるのに、記事に盛り込むのを忘れてのが(まだ)有った( ゚д゚)ンマッ!!

島津義虎は生涯で二度、足利将軍家から偏諱(へんき=一文字拝領)を受けています。
一度目の偏諱を受けたのが足利義晴(剣豪将軍のパパ)で、その時の名乗りが義虎の初名(はつな)です。
初名は文字通り初めての諱ですので、元服と共に名乗ります。
年代はハッキリしてませんが、足利義晴が天文19(1550)年5月に亡くなってるので、その前・・・
なんだけど、この将軍様が度々都落ちしてるんで義虎の偏諱時期が特定できません^^;
武家男子の元服だからして、義虎が13歳~15歳の間でしょう。

当然ながら島津宗家(=中身は伊作島津氏)に逆らい降伏した父・島津実久が存命というか現役。
足利将軍家からの偏諱は、パパ実久が京都中央政界にコネクションがあり、様々手配したのでしょう。
偏諱には御礼がつきもの(相場があったらしい)で、将軍本人は無論のこと取次した方々にも金品付け届けを用意しなければなりません。
てことで、島津宗家に帰順以降も将軍家からダイレクトに偏諱を受けるだけの、隠然たる勢力を薩州家は保持してた事にまります。

それと薩州家が足利将軍家から偏諱を受けたのは義虎の代だけでして、薩州家が義虎の代で最盛期を迎えたことの証左でもあります^-^
更にいうと、室町期~戦国期(豊臣政権誕生前)にかけて、数ある島津氏分家の中で直接に足利将軍家から偏諱を受けたのは義虎ただ一人でして、全盛期の薩州家が島津宗家に匹敵する勢力があったことを窺わせます。'`ァ'`ァ'`ァ(;´Д`)'`ァ'`ァ'`い・・萌えすぎて、息切れが・・ゲフゴホッ
この大物すぎる分家・薩州家との関係強化のために、島津義久の長女・御平が義虎の元へ嫁ぎます^-^
ちなみに年齢差15歳~初々しい10代花盛りの新妻に義虎がウホっ・・・・(._+ )☆\(-.-メ)ヤメンカ!

2度目の偏諱が永禄6(1563)年、27歳の時~上洛して足利義輝に拝謁&偏諱を受けて「義」の文字を拝領し、「義俊」⇒「義虎」へと改名します。(偏諱を受けた意図は不明)
義虎の嫡男誕生は永禄8(1565)年なので、島津宗家との縁組は偏諱後っぽい。

くどいようだが薩摩国衆・渋谷一族は東郷氏とは、交戦状態です。▲・×・▲彡
実は・・・弘治3(1557)年、東郷重治と阿久根大川で戦い島津義虎側が敗れてます^^;
渋谷ファミリア♪は、宗家に帰順した今となっては薩州家と島津宗家、双方にとって共通の敵となったんです。

で、同時進行で永禄6(1563)年の相良義陽の裏切りで、永禄7(1564)年から島津氏と相良氏は交戦状態に突入。
四方八方に敵がいる島津宗家は手が回らない~~~~ヒーーアタヽ(´Д`ヽ ミ ノ´Д`)ノフタ
えっと~~~日向は次男の義弘~~ガン( ゜д゜)ガレ

島津義虎の天草地方・長島侵攻は、そんな混沌とした政情の永禄8(1565)年に起きたのだが、それは・またの話 by^-^sio
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

はい~返信しました^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

いや、どちらかとういうと迷惑かけたのは自分の方^^;

メールしましたので、宜しくお願いしますm(__)m

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

えっと~メアドを鍵コメで教えてください~~^^;

4月が締切なら、読んで気になった都度メールします^^;

あぁぁ、申し訳ないっす^^;
参照された過去記事は研究前だったんで、素人の勘違い&間違いがあったんです^^;

まだ20頁目なんで、本筋に関わる部分じゃなさそうなんですが、知ってる人が読めば速攻で指摘されちゃうと思うんで、可能であれば反映してほしいかも^^;

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

100頁以上あるとは思わんかった~~~~
感想は何処に書いたらいいのかな?^^;

とりあえず20頁まで読了してる。
史料的な突っ込みあるけど聞く?
全部読んでから、まとめてにする?^^;

たぶん自分の過去記事を参照したかな~ってところがあるけど、
自分の研究が未熟で間違ってたところがあったの^^;
もし参照して書いたのならすいません^^;

Re: No title

は~い、無事ダウンロードできました~
ちょっと時間くださいませ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

おお~完成おめでとうございます^^

ぜひ読ませてください。
詳しいことが決まったら鍵コメで連絡お願いします^-^

Re: 朧豆腐さま

> そーいえば義虎の嫡男誕生は永禄8(1565)年って、この頃は日新斎様ご存命じゃ……顔を見たかは知らないけど、生きてる間に玄孫まで恵まれたのですのう。

えっと・・・・日新斎の孫が義久で曾孫が義久の娘・御平で~~その子供だと玄孫か(´Д`;)
そういえば存命中だな~~会った・・・って記録としてはなさそう。 


> でもって龍伯様は30代でおじいちゃんか……まあ薩摩隼人やし(理由になってない

昔は早ければ30代・・・下手すると20代後半で孫がいます^^;

> ではでは

コメントありがとうございます^^/

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

そーいえば義虎の嫡男誕生は永禄8(1565)年って、この頃は日新斎様ご存命じゃ……顔を見たかは知らないけど、生きてる間に玄孫まで恵まれたのですのう。

でもって龍伯様は30代でおじいちゃんか……まあ薩摩隼人やし(理由になってない

はい、それだけです(ぇ
ではでは

Re:朧豆腐さま

> 昨年はお世話になりやした~

こちらこそお世話になりました^^

> 薩州家は、つくづくすごい分家だったのですな。
> 宗家に降伏してからの方がかえって強大になってるとは……もっとも家臣というより対等に近い同盟みたいな関係だったんでしょうけど。

そうですね。いわゆる臣従というのとは違うと思います。

> ますます「初代藩主の頃まで健在だったら、伊集院同様に潰されてたろうなあ」って思うようになりましたw

もしくは養子を送り込んで家督を乗っ取られるかの、どちらかかと。。

> 永禄年間で相良が裏切ったのは、四方に敵を抱えた島津の領土を切り取る絶好の機会と捉えたからでないかと邪推したり。

あの状況で島津がピンチを脱してくるとは、想像しづらかったと思います。

> 続き楽しみにしておりまする~
> 今年もよろしゅうお願いしやす~

はい~今年も宜しくお願いします^-^

あけましておめでと~ごぜ~ます~

昨年はお世話になりやした~

薩州家は、つくづくすごい分家だったのですな。
宗家に降伏してからの方がかえって強大になってるとは……もっとも家臣というより対等に近い同盟みたいな関係だったんでしょうけど。
ますます「初代藩主の頃まで健在だったら、伊集院同様に潰されてたろうなあ」って思うようになりましたw

永禄年間で相良が裏切ったのは、四方に敵を抱えた島津の領土を切り取る絶好の機会と捉えたからでないかと邪推したり。
後の歴史を知る我々だから島津を裏切るなど無謀と思えるのであって、当時はどの家もドングリの背比べでいつ消えてもおかしくない状況だったのでしょうな。

続き楽しみにしておりまする~
今年もよろしゅうお願いしやす~
プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
653位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
111位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR