FC2ブログ

感想「柳川の歴史_4・近世大名 立花家」

久々に読後感想^^/
正月休み利用して一気読み~

著者
中野等氏(柳川市史編集委員会副委員長・九州大学教授)
穴井綾香氏(柳川市史調査研究員・九州大学大学院比較文化研究院特別研究者)

てことで、柳川市が市史の通史を作ろう(`・ω・´)キリッ という一環で平成24年に発刊されました。
「読みやすい」ものを目指してますが、著書を見れば判るように真面目な本です^^/

だから千熊丸クンが毬栗グリグリされた痛い話とか、
江戸浪々時代の浮世離れした坊ちゃんネタとか「逸話系」を期待しちゃダメ(´・д・`)
通史という性格上、大津城とか朝鮮の役とか八院合戦とか、
個々の戦闘における踏む込んだネタ・・・「戦記系」も期待しちゃダメ(´・д・`)

一次史料の比較検証、二次史料からの引用、IFバナも最小限。
他地域・他家史料との比較などなど・・・・素晴らしい!!!

今まで見た市史の中で過去最高スペック!! (人´∀`).☆.。.:*・
自分が理想とする郷土史のスタイルなんですぅ~~(人´∀`).☆.。.:*・

てことで細かい知行配分とかの話になると、そこまで柳川に詳しくないんで自分も置いてけぼりくらいます(爆
ただ幾つか ( Д )  ゚  ゚ 目からウロコというか、面白いな~と感じた事を少々。

まず筑前・立花城って城郭群だったそうな・・・ここもか!il||li _| ̄|○ il||l
雷神・道雪が入ったのが西立花城で、当然ながら主城ね^^/

で豊後から引っ越す時に雷神さまが伴ったのは、実家である戸次の家臣じゃなかったんですって( ゚д゚)ンマッ!!
戸次家臣団のうち次男とか三男(=直参じゃない)、家臣から引き抜く場合は、系譜上で嫡流家を避けて庶流家からと実家への気配りが見えるそうな。

一番驚いたのは・・・千熊丸クンが養子入りしたのは、高橋家と雷神さまが同盟(軍事的連携)するにあたっての人質の意味合いがあった・・・という点です。

千熊丸クンが立花城に入った時に、実家から連れた家臣が少なかったのも、そういう事らしい。
婿養子候補として・・・って言うのは書いてなかったので、跡継ぎ云々を書いた一次史料がないって事です( ガチョ━━━(゚ロ゚;)━━ン!!)
とにかく大友家は家臣の造反が多かったので、そういう配慮がなされても不思議じゃないのは確か。
で、城督である雷神様が筑前の頭(トップ)になるから、人質を出すのが高橋家側になるのも筋は通ってます。

とにもかくにも一次史料に基づきキッチリ学術的に検証してるんで、跡継ぎと見込んで云々は後世の編纂・軍記物発信ってことなんですぅ~~~~
ぐぁああああああああああああああああああ!!!
この本を読んでからカテゴリ「柳川藩初代藩主編シリーズ」を記事にしたかったよ~~~(_´Д`)アイーン

話は飛んで1600年~~日向で庄内の乱ウィキペディアが起きます。
で、鎮西無双は日向に出陣する気マンマンだったそうな^^;
もちろん鎮圧側支援ですよ~( ̄ko ̄)

ただ家康が戦闘が拡大するのを好まず、何とか和議で治めるのを希望してたんで、宗茂公の出陣は実現しなかったのだとか。
で、朝鮮の役で親しくなってた島津忠恒に宗茂公が励ましの書状を送ってるんです。
現存してて画像写真が添付してたんだけど、面白かったのが堅紙じゃなくて折紙だったことです。

儀礼上略式なのは、宗茂公が当主で忠恒が部屋住み(=家督を継いでない)だからなのかな??
添付写真が小さくて宛名が見えんげな!Σ(´Д`;)
全文を掲載してくれれば、もうちょいニュアンスとか読み下しできるんだけどな~(・A・)残念

あと関ヶ原あとの島津征伐で東軍に帰順した宗茂公が先陣を務めるんですけど、
このときも軍功よりも島津を説得する方を、家康側は期待してたそうです。

とにかく軍記物から発信の逸話は一切入れることなく、一次史料に基づく通史なんで色々勉強になりました。
史料の解釈は、違う解釈する研究者もいらっしゃるかもですが、とにかく現時点における立花氏の通史として最新です。
巻末付録に年表がついてるんですが、この本のスペックならデータとして安心して参照できます ゎーィ♪ヽ(*´∀`)ノ

古文書を読み下せば読み下すほど、自分の基礎知識不足を痛感するんで、頑張ります(=^・ω・^=)v ブイ
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re: jizosmileさま

> 立花というと道雪よりも、やはり宗茂。

そうですね^^
道雪は、道雪で有名な印象がある^^
少なくとも自分は、調べ始めるまで戸次姓を知らなかったんです^^;

> 関ヶ原敗戦大名で住民から復帰を望まれた、数少ないというよりも希有の大名。

大名クラスの完全復活は、宗茂だけじゃないでしょうか^^

> 宗茂の悪口を言う人はほとんどいないと聞いてます。

(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン
人格者というか武人として完結してる稀有な人だと思います。

コメントありがとうございました^-^

No title

立花というと道雪よりも、やはり宗茂。
関ヶ原敗戦大名で住民から復帰を望まれた、数少ないというよりも希有の大名。

宗茂の悪口を言う人はほとんどいないと聞いてます。

Re: No title

はい~いいんです^^

ちょっと、構想を練り直すんでスパンを開けてました^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> 何年か前に福岡へ旅行したことがあり、その際に立花山へ登る機会に恵まれました。
> 標高はそれほどでなくとも広い山だった記憶がございます。
> あそこなら地形を利用して複数の城郭を築くことも可能かもしれません。

通史によると3城くらいあったようです。

> あと、高くはなくても道は険しく『山をナメたらアカン』ということをつくづく教えられましたw

立花城って実は史跡として福岡県の指定を受けてないんです。
アクセスの点とかは、そのへんも関連してるかも~
てか、残る石垣の保存状態が心配ですぅ~(´;ω;`)ウッ

>柳川藩が脚色を(検閲削除

なんたって鎮西無双、奇跡の復活ですから、盛り上げたくもなるでしょうね^^

> とても充実した正月をお過ごしだったようで何よりです
> 新たな発見を楽しみにしておりやす
> ではでは

あぃ~コメントありがとうございます^^

Re: つねまる様

> 私のツボは、ぎんちよ様のお墓のある良清寺の斜め前には八千子様の瑞松院、お向かいには紹運パパを祀った天叟寺。この交差点でにやけてしまうんだなぁ。ふふふ。
> 宗茂くんは、ここから柳川城を挟んで南東の福厳寺。めっちゃ遠いとこが笑えて笑えて。

そうそう、なんちゅう寺の建て方や~と突っ込みたくなります。


> いい本なのですねー。柳川の人々の宗茂への愛はとどまるところを知らず~。時乃★栞様と一緒に私も踊るぅ~♪♪

つねまる様なら一緒に萌え踊って下さると思ってましたのよ~~
熱いコメントありがとうございます~ゎーィ♪ヽ(*´∀`)ノ

No title

何年か前に福岡へ旅行したことがあり、その際に立花山へ登る機会に恵まれました。
標高はそれほどでなくとも広い山だった記憶がございます。
あそこなら地形を利用して複数の城郭を築くことも可能かもしれません。

あと、高くはなくても道は険しく『山をナメたらアカン』ということをつくづく教えられましたw

宗茂公が養子に入ったのも人質という意味合いの現実的でしょうけど、雷神様から将来を見込まれて強く望まれたっていう方が初代藩主として箔がつくんじゃないか、と柳川藩が脚色を(検閲削除

とても充実した正月をお過ごしだったようで何よりです
新たな発見を楽しみにしておりやす

ではでは

あちょー!!!!

こんばんはっ!(≧▽≦)きゃっほー!
お正月、こんなぶらぼーな本を読んでいたんですねっ。このっこのっ。
せんくままる。あああ、千熊まる。くぅぅ。いがぐりぐりぐりの話も坊っちゃん小咄もなくてもいいわぁ。事実だけでも萌えあがってしまう。炎上。
千熊まるの追っかけをすると薩摩は必須ですもんねー。無双時代の要所要所に必ず現れる感じ。
柳川周囲はほんとにぺったんこで、秀包くんのおうちまで見えるんじゃなかろかと思うくらい。
私のツボは、ぎんちよ様のお墓のある良清寺の斜め前には八千子様の瑞松院、お向かいには紹運パパを祀った天叟寺。この交差点でにやけてしまうんだなぁ。ふふふ。
宗茂くんは、ここから柳川城を挟んで南東の福厳寺。めっちゃ遠いとこが笑えて笑えて。

いい本なのですねー。柳川の人々の宗茂への愛はとどまるところを知らず~。時乃★栞様と一緒に私も踊るぅ~♪♪
プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
660位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
105位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR