FC2ブログ

相良義陽_50【日向鳴動2_覇者(暫定)決す】

≪はじめに≫
自分の本業研究は「肥前史」で、歴史記事は趣味で紹介しております。
肥前史以外の資料は所蔵していないので、記載している出典元は基本として自分では未確認です。
≪記事内ルール≫
年号⇒⇒⇒旧暦対応
青文字⇒⇒一次or二次史料などの元出典があるもの
緑文字⇒⇒三次史料や補足&解説となる部分
他文字⇒⇒分析・推測・・つまりIFバナなので、苦手な方はスルーで^^;
その他の出典&参照元⇒⇒必要に応じて都度明記
イメージ・花
島津義弘公は帷幕の中で床几に腰掛ける殿さまタイプではなく、
自ら刀を振るって戦陣を切り開く猛将タイプです。
従って、先鋒とか先陣とかとか、最前線に一軍の大将がウロウロしてるわけです,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!
敵も大将とまで気づいてなくとも、兜首だから狙う訳でして結果、義弘公は何度か戦闘中に負傷してます^^;
激戦で義弘公が無傷の時は、家臣の誰かが身代わりに・・・(._+ )☆\(-.-メ)ダマリナサイ

永禄9(1566)年10月26日、伊東の小林城攻略に失敗~敗北した島津勢と負傷兵リスト入りした義弘公。
激戦だったので敗れた島津だけでなく、伊東側も損耗が相当激しかったらしい。
永禄10(1567)年初春に、両軍は一時休戦しています。

ただし休戦は真幸院(えびの市)の方だけでだったらしく、飫肥城では交戦状態が続行してました。
個人的には永禄9年9月にあった霧島山・御鉢の噴火が影響したんじゃないかな~~と推測してました。

んっと~~~文章で説明するより、ここは地図の出番ですな( ゚Д゚)y─┛~~
地図・日向今回はズル?してフリーソフトの日本地図ダウンロード加工(*´pq`)
見やすさ優先の文字サイズなんで、位置関係は若干違うかも~~御当地の方、御勘弁くださいm(__)m

茶色でグリグリ~っと●してるのが霧島山。
で、前回書いたように真幸院と小林が霧島山の半径20kmちょい圏内に対して、飫肥は多分だけど安全圏なの。
ちなみに飫肥は現在の日南市~日南海岸の日南市です^^/

永禄11年(1568)1月12日、伊東義祐が自ら二万の兵を率いて出陣、島津忠親(豊州家)の拠る飫肥城を囲む。
ここから飫肥城は5か月に及ぶ篭城戦突入!

兵糧攻めにあった豊州家は踏ん張り続けたんですが、いかんせん島津宗家の救援が及ばない。(援軍は撃退された)

ここに至り、遂に島津宗家は飫肥城を放棄する断腸の決断をする。
でないと、豊州家や飫肥城兵が飢え死にしちゃう~~(_´Д`)アイーン

島津に最終決断をさせたのが小林城主・米良筑後守重方です!!
米良筑後守重方は伊東側代表として、島津方代表の北郷忠顕と戦後交渉を行い、
島津軍の撤退と飫肥領の割譲を実現させ『知勇兼備の将』と謳われました 川* ̄д ̄*川ポッ 

島津と争ってた念願の飫肥をゲッツした伊東義祐は、相良義陽と共に島津義弘の飯野城挟撃作戦を企んだのです。
が、大河平氏編で紹介したように大河平ナミが軍事情報をリークしたために計画は失敗しました^-^
猛将・島津義弘公が踏ん張り続ける真幸院・飯野方面だけは思うようにならない~~~が、
永禄12(1569)年から、伊東義祐 自らが真幸院に対し、領地宛行状の発給を始める。

東の飫肥領は伊東の支配下。
西の真幸院における公儀権確立。
これらの状況から、日向国の殆どは伊東義祐の手中になったと言える。


絶頂期を迎えた日向・伊東氏、、、ここまでなら島津から伊東へと乗り換えた相良義陽の判断は正しかったのだ。
だが、絶頂期の瞬間から伊東家崩壊の序曲が奏でられ始める。
主家崩壊・・・伊東家において輝かしい功績をたてた米良一族にも、悲痛な運命が待ち受けているのだが、それは・またの話 by^-^sio
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re:jizosmile さま

一時は日向の殆どを支配したんで、伊東氏も良い武将はいたんです^^
ただ凋落没落のドン底ぶりが半端ないので、全体値が低くなるのも仕方ないかも^^

石田三成は政治と軍略で思考が常に揺れていた印象です。
そういう意味では、彼は官僚としては優秀だけど、大将には不向きだったのだと感じてます。

コメントありがとうございました^^

No title

「信長の野望」にでは、伊東氏の武将能力値が低かったので、
大した武将ではないなと思いました。

しかし、島津を撃退というのはすごい。特に義弘は、石田三成が彼の意見を採用していれば、毛利も逃げれなかったと思います。
プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
779位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
122位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR