FC2ブログ

相良義陽_51【三位入道の耳は馬の耳_前編・・・かな?】

≪はじめに≫
自分の本業研究は「肥前史」で、歴史記事は趣味で紹介しております。
肥前史以外の資料は所蔵していないので、記載している出典元は基本として自分では未確認です。
≪記事内ルール≫
年号⇒⇒⇒旧暦対応
青文字⇒⇒一次or二次史料などの元出典があるもの
緑文字⇒⇒三次史料や補足&解説となる部分
他の色文字⇒⇒分析・推測・・つまりIFバナなので、苦手な方はスルーで^^;
イメージ・花
実は・・・ワタクシ、伊東氏では祐兵(すけたけ)萌えです♪川* ̄д ̄*川ポッ 
祐兵は初代飫肥藩主にして伊東義祐の三男です。
以下の内容は軽るめにウィキペディア参照なり~

日向の覇者(暫定)となった伊東義祐には三人の息子がいました。
嫡男・歓虎丸は、天文18年(1549年)に数え10歳で病死します。
悲嘆に暮れた伊東義祐は出家し「三位入道」と称しました。
(※官位が従三位だったから)
地図・日向茶色のグリグリ●印は霧島山

勢い盛んな三位入道(伊東義祐)は、次第に奢侈と京風文化に溺れるようになり、本拠である佐土原(現宮崎県宮崎市佐土原町)は「九州の小京都」とまで呼ばれた。
実のところ、伊東氏のバブル生活を支えた資金の出所って明瞭にはなってません。
相良の場合は具体的な数字の記録はないものの、明と交易し八代に貿易港があったことは判ってます。
でも伊東氏の場合は、ハッキリしてないんです^^;

伊東義祐の傲慢・奢侈な生活は、家臣も眉を顰め領内でも袖を引き合い藁っていたのだが、それでも内部統制はとれてました。
それは家督を継いだ二男・伊東義益の存在があったからです。
伊東義益は、永禄3年(1560年)に家督相続し都於郡城主となって義祐の後見を受けて、伊東氏全盛期への覇道を支えました。
次男は、智勇に優れた人物で、その上温厚な性格であったために、父以上に家臣団・民衆から慕われたそうです。

三位入道さまが贅沢してても、現在は二頭政治で将来的には伊東家の全てを掌握するであろう次男・義益がいたので、領内はバランスがとれてたんです。
永禄12(1569)年7月11日、全日向期待の星・伊東義祐の嫡男・義益(よします)が病のため亡くなる
真幸院も飫肥も手に入れ、あとの目障りは飯野(真幸院の一部)で踏ん張り続ける島津義弘だけ。
(・・・もちろん、だけじゃないんだけど、長くなるんで割愛)
絶頂期を迎えた瞬間に、ジェットコースターの如く失墜の兆しとなったのが、この義益の死でした。

人物・伊東義祐
愛息(嫡男)の死で出家したほどの三位入道=伊東義祐です・・・
彼の精神(こころ)は二度目の不幸に耐えられなかった・・・

もともと歓虎丸の死後、出家するほど禅宗にハマってたのだが、息子の死で増々のめりこむようになった。
諫言する家臣は遠ざけ、周囲をイエスマンで固めて「裸の王様」になる。
同年8月20日、義益の死で政(まつりごと)への情熱を失い傷心の伊東義祐は『VS島津義弘公』用の桶平城を撤収してしまう。

一方、親である三位入道と違うベクトルで悲嘆に暮れたのが、伊東義益の領民たちです。
城中のすべての者が剃髪して菩提を弔うという異例の葬儀が行われた。
家臣も領民も暗澹たる心地だっただろう・・・傷心のあまり・・とはいえ、三位入道の暴走を止めるものがいなくなったのだ。
(※三男・祐兵は飫肥城に入ってました)

想定外の事でミリタリーバランスが崩れ、伊東からの圧力が減った分、島津が息を吹き返す。
島津義弘に伊東勢が大敗北する「木崎原の戦い」は、次男・義益の死から三年後の元亀3年(1572年)5月なのだが、それは・またの話 by^-^sio
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re: つねまる様

> こんばんは。いつもお世話になっております。

こちらこそお世話になっております^^

> こちらの記事を拝見すると、さつま揚げが食べたくなるのてすが、今日は飫肥天がまた食べたく。

飫肥天ってあるんですか?こっちでは売ってない~(´・д・`)残念
>
> 今日やっと、葉室さんの「冬姫」買いました。葉室さんに初めて接したのは西国無双の人のお話でしたが、何度読んでも鼻血が止まりません。

おお!葉室作品~って実は未読ですil||li _| ̄|○ il||lスイマセン

> うみーっ、ひごーっ、おおすみーの図、わかりやすいです。よく理解された方の略したものは、素人に一番理解しやすいものですよねー。ありがとうございました♪

いや~方向音痴の地理音痴なんで苦肉の策です^^;
コメントありがとうございましたm(__)m

No title

こんばんは。いつもお世話になっております。
こちらの記事を拝見すると、さつま揚げが食べたくなるのてすが、今日は飫肥天がまた食べたく。あまぁい味付けと反して、じんわり来るお話が多くて、とても楽しく拝見させていただいております。

今日やっと、葉室さんの「冬姫」買いました。葉室さんに初めて接したのは西国無双の人のお話でしたが、何度読んでも鼻血が止まりません。

うみーっ、ひごーっ、おおすみーの図、わかりやすいです。よく理解された方の略したものは、素人に一番理解しやすいものですよねー。ありがとうございました♪

Re: 朧豆腐さま

>もっとも三位入道という人は元々大友宗麟と似て人間としての弱さを抱えていたようですけど

のめりこみやすいタイプだったのかもですね。
自分も人の事は言えないけど、一般人は財布的に理性が働くから暴走しないですむ^^;

>嫡男が生き存えたとしても彼がトップにいる限り、島津との抗争に勝ち残れたかは微妙だった気がしまする

んーーーー木崎原の戦い次第ですね。
嫡男がいて木崎原の戦いが起きなければ、島津は四方敵だらけに息切れするから和睦せざるを得なくなります。

ただ嫡男だけで伊東義祐のストッパーになれたか、ちと不安^^
なんだかんだと好きな事してる三位入道ですから、息子は絶対苦労します^^;

コメントありがとうございます^-^

No title

有望な嫡男を失うというのは単に親としての悲しみだけでなく家の存亡に関わる一大事ですからのー

長宗我部元親も戸次川の戦いで嫡男信親を失ってから一転して廃人同然になったそうですし、毛利元就も嫡男隆元を失ったショックはでかかったようで弟の小早川隆景が「毛利の家はおしまいだ!!」と悲鳴を上げたとか上げなかったとか

特に伊東氏は急速な領土の拡大で体制の整備が追いつかなかったとも聞きますので、そこでの嫡男逝去はお先真っ暗なくらいの衝撃だったのかもしれませぬ

もっとも三位入道という人は元々大友宗麟と似て人間としての弱さを抱えていたようですけど
(没落してから元家臣から厚くもてなされた時己の過去を悔やんだというエピソードが残ってたり)
嫡男が生き存えたとしても彼がトップにいる限り、島津との抗争に勝ち残れたかは微妙だった気がしまする

Re: jizosmile

> 義益さんという武将の存在を初めて知りました。
> 早死には返す返すも残念ですね。

死んでほしくない人ほど、早死にしちゃんでしょうか(´・д・`)

> 後の島津の破竹の進撃がなかったのかも知れませんね。

少なくとも日南市の市史は現代と違ってたはず^^;

コメントありがとうございます^-^

No title

義益さんという武将の存在を初めて知りました。
早死には返す返すも残念ですね。

後の島津の破竹の進撃がなかったのかも知れませんね。
プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
653位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
111位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR