おんな城主・直虎_6回目

はじめに、この記事は歴史的な検証など堅苦しいことはしません。
ただひたすら「萌えっぷり」を実況する直虎ワールドです。
史実検証に拘る方はスルーしてください^^/
尚、管理人本人の遠江に関する知識は、ゼロです,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!



実は今回は個人的に、あんまり面白くなかった・・・・il||li _| ̄|○ il||l

というのはヒストリアで盛大にネタバレを見てるので、二人が結婚しないのを知ってるから^^;

はぁ・・・やっぱり見るんじゃなかったなぁ・・・トホホ

視聴してて全然盛り上がれなかったYO~~

なんか直親(亀)が完璧すぎてつまんない(・A・)

どこかコンプレックスを抱えてるような政次(鶴)の方が好きだな~(人´∀`).☆.。.:*・

竹千代と瀬名姫はツンデレ夫婦になりそうだ。

毎回、和尚様の猫の出番にwktk(ワクテカ)してます(・∀・)

それにしても今回も合戦シーンがなかったけど、井伊は兵を出してなかったのかな・・・ポリポリ(6 ̄_ ̄)

今川義元のセリフシーンってあったっけ?

個人的には桶狭間以降の今川家に興味があるので、それまではネタバレ消化です^^;



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

おんな城主・直虎_5回目

はじめに、この記事は歴史的な検証など堅苦しいことはしません。
ただひたすら「萌えっぷり」を実況する直虎ワールドです。
史実検証に拘る方はスルーしてください^^/
尚、管理人本人の遠江に関する知識は、ゼロです,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!



さぁ、子役から大人に俳優が入れ替わりました^^

柴咲さんは私は違和感なかったです。
鶴丸クンは子役が大人になったみたいで雰囲気抜群^^
亀クンは・・・うーん、悪くないけど子役の面影があるような無いような~
そのうち見慣れるだろう~(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン

悪代官みたいだった小野和泉守、総白髪になったと思ったら、すぐお亡くなりに・・・(-人-)☆彡
それに引き換え爺様はパワフルだなぁ~何歳の設定なんだ,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!

和尚様の猫が健在で嬉しい 川* ̄д ̄*川ポッ 

美女に成長した瀬名姫が、某CMの乙ちゃんにしか見えない,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!
家康は今回もコミカルキャラっぽい匂いがする(楽しみ♪)

亀ちゃん帰還の知らせに動揺する次郎法師。
戻った亀ちゃんは元服保留の独身ヽ(。_゜)ノ へっ?
ヒストリアでは戻った時点で妻子ありだったんだけど、そのあたりは創作したのかな?

間違いのないように見張ってる兄弟子が、何気にイケメン^^
今後も出番があるのかな?
結局、この時には還俗しなかった次郎法師の心情をどういう風に描くのか気になるところ。

三河って最初から今川の所領だったわけじゃなかったんだなあ( ゚д゚)シランカッタ
今川氏真の蹴鞠姿が凛々しかったわぁ~(人´∀`).☆.。.:*・

亀ちゃん帰還のタイミングで子役から大人俳優に変えるのは成功したと思う。
次回も楽しみ(・∀・)イイ!

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

おんな城主・直虎_4回目

はじめに、この記事は歴史的な検証など堅苦しいことはしません。
ただひたすら「萌えっぷり」を実況する直虎ワールドです。
史実検証に拘る方はスルーしてください^^/
尚、管理人本人の遠江に関する知識は、ゼロです,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!



先週、更新をさぼったから4回目のはず,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!

先週の今川の若君・龍王丸は後の今川氏真です(*´pq`)
まさか後年になって信長に自分の蹴鞠妙技を披露することになるとは、夢にも思わなかっただろうなぁ

瀬名姫って、徳川家康の正室になった人だったような・・・・(-ω-;)ウーン

さて今週も和尚様の猫が可愛かったです・・川* ̄д ̄*川ポッ
名前も判らないけど出番増えないかな~
いやでも直虎が成長するほど年月が経過してるなら、もう寿命を迎えてるかしらん (゜-Å) ホロリ

今回で子役の出番も終わりか~
楽しかったから寂しいな。

鶴丸クンはいいなぁ~~あんな息子か弟か甥か従兄弟が欲しい~(人´∀`).☆.。.:*・

寺の門をくぐろうとするたびに投げ出される次郎法師=おとわ。
普通に「入れて下さい」って頼めば済むのに、黙って通ろうとするところが姫様だなぁ^^;

屋敷に帰ったところをママンに追い出される下りは、アニメ一休さんと被った^^

今回は受け身がちだったパパンが頑張りました^^
鶴丸パパンの小野和泉守は、このまま悪代官キャラで通すのかな^^

次郎法師が成長するからか、新しいキャラも登場しそう。
柴咲さんは好きだから違和感ないんだけど、大人の鶴丸クン、亀クンに慣れることが出来るかどうか、ソッチの方が心配だ^^

来週も楽しみ(・∀・)イイ!

 

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

おんな城主・直虎_2回目

はじめに、この記事は歴史的な検証など堅苦しいことはしません。
ただひたすら「萌えっぷり」を実況する直虎ワールドです。
史実検証に拘る方はスルーしてください^^/
尚、管理人本人の遠江に関する知識は、ゼロです,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!



今年の大河はファンタジーになるだろうな~
というのが正直な感想です。

何しろ主役の生年が不明なので、歴史的事実の時に直虎が何歳か分からない^^
従って話の整合性が不自然でないように、うまく織り交ぜなければならないから大河オリジナルで盛らなきゃならない。
とりあえず年代的には天文年間ですな( ゚Д゚)y─┛~~

子役で引っ張るのもネタ具体的な逸話が少ないからなんだろうな~
と思いつつ、子役の演技が秀逸で、ついつい今回も見入ってしまった^^
和尚の猫も可愛いし 川* ̄д ̄*川ポッ 

最後の髪の毛を切るシーン、あれって地毛よね( ゚д゚)
凄い役者魂!

今川家家臣の装束がお揃いとは贅沢~すぐ見分けがつくから便利♪
そういえば今川家って何で稼いでたんだろう~
・・・ポリポリ(6 ̄_ ̄)←好きなだけで全く知らない

とよ姫ママンが本気で怒ると怖いのね^^;
パパンは何となく一人娘に甘い感じ(*´pq`)

紀行にあったけど意外と亀ちゃん逃亡の足跡が残ってるんだな~

とよ姫が好きだけど言えない鶴丸クンが可愛い。
自分の父の事が・・・というより、とよ姫が亀ちゃんを待つ気満々。
鶴丸クンは大事だけど幼馴染としか見てないのを察しているのが不憫 (゜-Å) ホロリ

家出したとよ姫と助け、恩賞目当てに井伊へ連れ戻した人(名前ワカラン^^;)
また出るんだろうか。
今のところ殆ど大河オリジナルで話が進んでるから先が全く分からない。
ということで次回も見ます(・∀・)

26・剛忠(龍造寺家兼)【前編:激突!大友+少弐VS大内】

長文が苦手な方は「三行まとめ」に飛んでください(^ -)---☆Wink
詳細出典史料「」内は自分で確認、( )内は参照文献より引用
基本ベースは北肥戦誌(九州治乱記)です^-^



田手畷での鮮やかな勝利は、否が応にも龍造寺の武名を高めた。
西(千葉)でもなければ、東(千葉)でもない。
肥前における「第三の勢力」として、龍造寺は台頭したのだった。

実兄・大友義鑑を嫌う肥後守護職・菊池義国が、
筑後で謀反中の星野に同心し、大内義隆に[星野への加勢]を依頼したのは、享禄4(1531)年春の事だった。
菊池義国が自分で動かなかったのは、まだ肥後における己の地盤が確かではなかったからだろう。

大内義隆は、大宰府駐在の杉興連(すぎ おきかず)を援軍として派兵した。

その頃、少弐資元は肥前・多久にいたのだが、
大内派兵の報告を聞くと大友へ与力する決意をする(`・ω・´)キリッ

資元は3月14日に多久を発って上筑前に入る頃になると、
龍造寺家兼、高木右京大夫、松浦の相知・広瀬らが駆けつけ合流し3,000騎に達した。

閏4月、軍勢は筑前の岩門~三笠郡を通って上筑後・生葉(星野エリア)に着陣。

同時期に事態を重く見た大友義鑑も本国・豊後から出陣し、筑後入りをしていた。
少弐資元は大友勢の陣所で義鑑と対面、敵征伐について評定した。

大友義鑑は、まず管領・細川高国、幕府引付方・大館晴光に、ご注進~緊急報告。
(ちなみに引付方って幕府の裁判担当の奉行のことです^^b)

「星野以下の逆徒追罰」を上意として賜れるよう将軍家に(-人-)☆彡オネガイ~
訴えた結果、めでたく御教書(公式文書)を賜った。

少弐&大友は「将軍が認めたんだぉ~こっちに大義があるぉ~!」
と周辺諸国に喧伝(アピール)した上で星野を攻囲した。

ちなみに少弐と大友が(-人-)☆彡オネガイした管領・細川高国は、
同年6月8日、裏切りにあい48歳で自害してます( ̄ω ̄A;アセアセ
中央政界はゴタゴタしてますが、先に発行された「御教書」は有効なんで問題なしですな( ゚Д゚)y─┛~~

で、この後の星野氏の細かい動向が、ちと解らなくなる( ̄ω ̄A;アセアセ
何せ大友・少弐VS大内勢という大物同士の激突に記録の主眼が移っちゃうからです(困っ!
しかも星野には「大友に滅ぼされた説」と「大内に滅ぼされた説」と2パターンあるらしい( ̄ω ̄A;アセアセ
ちなみに、どっちの説も天文年間初期のことで、今現在1531年は享禄4年で天文に改元するのは翌年。

そう・・・星野は、大友勢&少弐勢に囲まれながら、
落城してなかったんです!(*ノ・ω・)ノオオオオォォォォ
当代星野当主は親忠。星野氏歴代当主の中で最も知名度のある、郷土の星!(`・ω・´)キリッ

彼は、よほどの名将だったらしく、大内・少弐・大友の中で揉まれながら、なおも数年持ち堪え遂には力尽きて落城する。
(天文年間に謀反を起こしたとあるので、いったんは降伏したかもしれない)
星野親忠の最期は自害したとも、城を落ちた後は消息不明ともあり、ハッキリしていない。

大友では名族である星野氏を完全滅亡はさせず、星野一族から当主を選抜し家系を存続させている。
筑後は肥後同様に国人領主がひしめきあう土地なので、星野を潰しちゃったら後の筑後統治がやりづらくなるからだろう。

ちなみに歴代鎮西要略によると、大内義隆と大友義鑑が義絶したのは、同年8月とある。
それまだは双方、軍勢を出しつつもガチンコを避けて完全な断交はしてなかったのかも。

ここで話が複雑になるのだが、
閏5月に、龍造寺の本家・胤久が東千葉興常(大内サイド&千葉嫡流)より常日頃の覚悟を褒められているんです。
(龍造寺家文書102)

3月~4月にかけて龍造寺家兼は少弐に従軍してました。
でも龍造寺本家は大内サイドの東千葉に従属していたことになります。
龍造寺は本家と分家が別々の動きをしていました。


さて、星野が粘ったまま年越し明けて天文元年(1532)
大永4(1524)年に大内に寝返り、怒った少弐家臣・馬場にo( ̄Д ̄θ★ケリッ!と肥前を追い出された西千葉胤勝。

彼は大内勢で馳せ参じてたが、田手畷で少弐方が勝利すると、ちゃっかり少弐の陣営に潜り込み・・・ゲホゴホッ・・・
帰参し、元の鞘・・・晴気城に復活してたのだが、それは・またの話 by^-^sio

ここまでを三行でまとめる(`・ω・´)キリッ
少弐と大友が対面し、筑後星野討伐の兵を出す。
大友と大内が義絶
龍造寺は本家と分家が別々の動きをしていた。

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
495位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
79位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR